心配!子供の口が臭い、意外な原因は?

Sponsered Link



いつからか、わが子の口臭が気になる・・・歯磨きを一生懸命してみたり、マウスウォッシュをしてみたり、舌を磨いてみたり色々試してみたけど、改善しない。
このままだと幼稚園や学校で口が臭いと言われて傷ついたりしないかな、と心配されている方もいらっしゃると思います。
子供の口臭の原因も色々あるのです。

その原因として考えられるものとして、口呼吸をしていること。口呼吸は口の中が乾燥して不潔になり菌が繁殖してしまってそれが口臭の原因になります。
口呼吸をする原因として鼻づまりなどがあるので、気になる方は耳鼻科で鼻を診てもらうのもいいでしょう。
鼻炎などが原因で、鼻呼吸ができない場合もあります。
虫歯や歯肉炎などの場合は歯医者さんで治療するのが一番です。

その他にも体調が悪く熱があるときやストレスなどでも口臭を発する場合があります。
子供の様子をよく見て、原因を探ってみて下さい。

母と子で、正しい歯磨きタイムを学習しよう!

Sponsered Link

お子さんが小さいうちは熱心に仕上げ歯磨きをしていたと思いますが、いつまで仕上げ歯磨きしてあげていましたか?
自分でできるようになると、「歯磨きした?」と確認だけして、仕上げをしなくなってきますよね・・・。
仕上げ歯磨きの理想は、小学校卒業までなのです。
自分でできるようになると、チャチャっと終わらせて全然磨けてなかったりします。
大きくなっても、出来るだけ仕上げ歯磨きしてあげてください。

幼児期であれば、まず膝の上に仰向けで寝かせて、口の中がよく見えるようにしましょう。上の歯を磨くときは、歯茎の真ん中にある上唇小帯と呼ばれる糸状の筋のところを押さえて、奥歯や歯と歯の間もしっかり磨きましょう。

小学生になると、永久歯も増えてきます。
噛み合わせの溝も深くなり、汚れがたまりやすくなるので、溝のゴミをかき出すように磨きましょう。
また、フッ素配合の歯磨き粉なども使用するといいですね。

臭い玉?これってなぁに?

いくら歯磨きを頑張っても舌を掃除してもなかなか口臭が治らない・・・。
それってもしかして臭い玉ができているのかもしれません。
この臭い玉が年齢男女関係なく誰にでもできる物なのです。

臭い玉とは、正式に膿栓(のうせん)と呼ばれ、白血球の死骸と細菌の塊です。
これが扁桃腺の隙間に付着して、時間がたつにつれ石灰化して硬くなります。
大きさは小さいものから数センチほどの大きさのものもあり、潰した時に強烈なにおいを放つのです。
口を大きくあけて喉の奥に白く固まったものがあれば臭い玉の可能性が高いですが、自分で取るのは扁桃腺を傷つける可能性があるので、耳鼻科で取ってもらいましょう。 

まとめ

大人になっても、ずっと自分の歯を残すためには、小さいうちから歯を磨く習慣をつけることです。
虫歯がひどくなると抜歯しないとダメになるかもしれません。そうならないように定期的に検診に行って、予防と治療を習慣にしましょう。

臭い玉は誰にでもなるもので、定期的にうがいをすれば予防にもなります。
耳鼻科に行くと、扁桃腺が大きくて鼻づまりの原因になっていることもあるので、扁桃腺が大きい場合は取ってもらってもいいかもしれないですね。
扁桃腺を取ると臭い玉も取れるし鼻づまりも改善するでしょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>