子供が誤飲しちゃったら!?症状から対処法までを徹底解説!

Sponsered Link



小さい子供がいるご家庭では、
子供が誤って口に入れたりしてしまわないように、
危険と思われるものは子供の手が届かない場所に
しまうよう注意していると思います。

しかし、それでも予測できないのが子供の行動(~_~;)
十分に注意していたつもりでも、今まではできなかったことが
どんどんできるようにもなっていくので、
油断していると危険なものに手を伸ばしていた、
なんてことも十分にあり得ます。

そこでそうした万一の事態に備えて、
子供が危険と思われるものを誤飲してしまった場合、
どのような症状が出るのか、またどう対処していけばいいのか、
詳しく解説していきます!

こんな症状が出たら病院へ!チェックリスト

Sponsered Link

子供に以下のような症状が出たら誤飲の可能性可能性があります!
様子を見て病院へ連れていきましょう。

・チアノーゼ
・呼吸困難や呼吸の状態がおかしい
・嘔吐
・激しい咳
・激しく泣き続ける
・顔色が悪い
・ぐったりしている

以上の場合、固形物がのどや気管、
食道などに詰まっている可能性が考えられます。

さらに唾液に血が混ざっている場合には
鋭利なものを飲み込んだ可能性もあるので
無理に吐き出させようとせず、病院を受診します。

上記の症状の他に、

・悪心
・ふらつき
・けいれん
・意識障害

などがある場合、特に危険なタバコやアルコール・
薬などを誤飲した可能性もあります。

このような場合は、直ちに病院へ連れていきましょう!

また、洗剤や化粧品などを飲み込んだことが疑われる場合は、
気管内が炎症を起こす可能性があるものも多いので
念のため受診をおすすめします。

誤飲した場合に必ず受診が必要となるものをまとめると、
タバコ・アルコール・薬・マニキュア・除光液・
香水・ボタン電池・ヘアピン、画びょう、
針、ガラスなどのとがったもの・
石油やガソリン・漂白剤やカビ取り剤

などがあります。

これ以外にも、不安な場合は
「日本中毒情報センター」に問い合わせてみるといいでしょう。

公益財団法人日本中毒情報センター:
www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf

症状別、お家で出来る対処法

飲み込んでしまったものを吐かせたほうが良い場合には、
子供の頭を低くして喉の奥に指を入れて
舌を押し下げるようにして飲み込んだものを吐かせます。

固形物がのどに詰まっている場合には、
乳児の場合は、子供の頭を低くした状態で
うつぶせに抱えて肩甲骨の間辺りを叩いて、
1歳以上の子供の場合には、ハイムリック法と呼ばれる方法で
腹部を圧迫して異物を除去するよう対処します。

参考:https://health-to-you.jp/firstaid/tissokuoukyuusyoti5572/

ただし、何が何でも吐かせればいいというものでもありません。
ものによっては吐き出させたときに
気管を傷つけることになるものもあるので、
その場合は無理に吐き出させず
そのまま病院へ急ぎましょう。

吐かせるべきでないものの例としては
石油やガソリン、除光液、漂白剤やカビ取り剤、
とがったものなどが挙げられます。

また、洗剤などものよっては気管内の炎症を防ぐために
水や牛乳を飲ませる等の対処が望ましい場合もあります。

ですが、洗剤の種類によって対処が異なるので
安易に自己判断せず、中毒センターに問い合わせて
対処法を確認してから対応するのが望ましいです。

詳しい対処法については日本中毒情報センターの方に
詳しく載っているので、参考にしてみてください。

公益財団法人日本中毒情報センター「事故発生時の対応」

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf

まとめ

子供の誤飲によっておこる症状や対処法について
詳しく解説してきました!

洗剤などは種類も多く、一概にどのような症状・対処法が
正しいのか判断がつきかねるので
必ず専門の人の指示のもと、対処するよう心がけましょう。

ちなみに、誤飲事故で一番多いものはタバコだそうです。
タバコを子供が口にすると、ニコチン中毒症状が起こり、
最悪の場合死に至る可能性もある危険なものですので、
小さな子供がいてタバコを吸われる方は、
タバコの管理にはくれぐれも注意しましょう!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>