オリーブオイルを飲む事も効果絶大!摂取量に気を付けましょう

Sponsered Link



健康志向でおしゃれな女性に根強い人気のオリーブオイル
最近では料理上手なイケメン俳優が作り出す、
おいしそうで素敵なお料理にも多用されることでも話題になりました。

ピザやパスタはもちろん、サラダにドレッシング代わりにかけても、
薄切りのバケットをさっと焼いてオリーブオイルをふりかけて、
チーズやワインと合わせて食べても最高!

でも、オリーブオイルは食べる時に使うだけじゃもったいない、
飲んでも効果的だって知っていましたか?

飲む事で得られる効果

Sponsered Link

オリーブオイルの効果は主に

コレステロールを下げる。動脈硬化・心筋梗塞を含む生活習慣病対策に良い。
・白髪や抜け毛予防 抗酸化作用があるため、美髪効果も期待できます。
便秘予防 オレイン酸が腸の働きを助けるため、便秘予防に役立ちます。
・美肌効果 デトックス作用を持つクロロフィルが美肌に役立ちます。

美容にも健康にも嬉しい効果が期待でき、
味もおいしいオリーブオイル。

飲むことでさらに上記の効果が上がると言われていますが、
特につらい便秘解消には
朝スプーン1杯のオリーブオイルを飲むだけで
効果を実感することができます。

その際、一時的におなかがゆるくなることがありますので、
体調を見ながら試してみてください。
便秘解消によって体の中に老廃物をため込まない体を作れると、
自然とお肌の調子もよくなりダイエット効果にもつながります。

良い事尽くめのオリーブオイルなのですが、
飲む際には注意点もあります。

いくら健康効果が期待できるからと言っても、
摂りすぎると油ですからカロリーオーバーにつながり
太ってしまう可能性や、体質によっては胃を荒らし、
胃痛に悩まされることもあります。

一日の摂取量はスプーン2杯を限度として利用するようにしてください。

飲むオリーブオイルの選び方

お店に行くと色々なメーカーからオリーブオイルが売られていて
どれを選んだらいいのかと迷います。
よくお店に置いてあるオリーブオイルの種類は主に

・エクストラバージンオイル
・ピュアバージンオイル

の2種類だと思います。これらの違いは、
使われるオリーブの品質と製法により酸度の違いで分けられます。
一般的には飲んだり生食用にはエクストラバージンオイル、
調理用にはピュアバージンオイルを利用することが多いようです。

まとめ

オリーブオイルの効果について見てきましたが、
実は主人が健康診断で高血圧気味の指摘を受けてきたため、
朝ごはんの付け合わせ野菜には、黙ってオリーブオイルをかけて出しています。

何も言わずにその上に自分でドレッシングをかけて食べているので、
本人はおそらく気づいてないと思いますが、
しばらくたったら血圧を計ってもらおうとひそかに楽しみにしています。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>