酒粕で超カンタンな甘酒の作り方から効果効能まで紹介!

Sponsered Link



女性を中心に話題の美容や健康効果が
期待できる酒粕甘酒
飲む点滴といわれるほど栄養が豊富なんです。

こちらでは酒粕甘酒の効能・効果・作り方を
紹介しています!
また作り方のポイント(コツ)も分かりやすく
まとめました。

最近は、発酵食品がブームになっていますよね。
そして、健康や美容に良い酒粕も発酵食品の一つです。

甘酒には、「米麹」から作られるものと
「酒粕」から作られるもの2種類があります。

一般的には、甘酒というと米麹を材料としたものを
思い出すかもしれません。

この2つは似ているようですが、
やはりいくつかの違いがあります。

酒粕とは、日本酒の製造工程で出来た
「もろみを圧縮した後に白く残る固形物。

そのため酒粕にはアルコール分が含まれており、
酒粕を用いて作られた酒粕甘酒にも
アルコール分が残っています。

その濃度は、作り方にもよりますが約8%です。

米麹とは、潰したお米に麹菌を加えて
発酵させて作ります。

米麹も酒粕と同様に様々な効能や効果があることで
注目を浴びているんです。

米麹で作った甘酒は、米そのものの甘みがあるのも特徴です。

アルコールが入っていないので、
子供や妊婦さんなどは米麹の甘酒がおススメです。

甘酒には、たんぱく質や葉酸、食物繊維や
ビタミンB群が多く含まれています
アミノ酸の中でも、体内で合成できないため
食べ物から摂取する必要のある必須アミノ酸も
豊富に含まれており、酒粕には、
この必須アミノ酸の9種類全てが含まれています。

栄養成分的には酒粕の方が優勢ですが、
酒粕の食物繊維は不溶性のため、
食べ過ぎには注意が必要です。

酒粕の甘酒を作るのはすごく簡単です。
鍋1つで作れてしまうので、ぜひ毎日でも飲みたいものです。

レシピ! っていうほどではないですが…。

Sponsered Link

酒粕甘酒を作るときの材料は、
スーパーなどで簡単に手にはいります。
酒粕の種類によって味が違いますので、
色々と試すのもいいと思いますよ。

酒粕甘酒の作り方
必要な材料:酒粕100g、水500㏄、
砂糖大3 塩ひとつまみ、好みで生姜を少々。

1・鍋に小さくちぎった酒粕と水を入れて
1時間くらいふやかします。
水にしばらくつける事によって、
よりまろやかな味わいになります。

2酒粕がほろほろと崩れる状態になったら、
よく混ぜて滑らかにします。

3・火にかけて、砂糖とお塩を加え、
沸騰寸前で火を止め、できあがりです。

酒粕の甘酒の保存は、酒粕で作った甘酒を
2~3日で飲み切るなら冷蔵で保存できます。
しかし、日にちの経過とともに発酵が進み、
だんだんすっぱくなっていきます。
冷凍したものを解凍する際は、
加熱しすぎると酵素の働きが失われてしまいますので
注意して下さい。
「酒粕」は冷凍可能です。
半年くらいで使い切った方が良いでしょう。

粕甘酒アレンジ
・甘酒に小さじ1~2杯はちみつレモン(市販品)を
入れて飲むと飲みやすいです。

・甘酒と豆乳を1:1で飲むのもおすすめ。
甘いのが苦手な人や酒粕の独特な香りが苦手な方は、
サッパリと飲めるこちらをおすすめ。

・甘いのが嫌なら郷土料理の「粕汁」がおすすめです。
酒粕100gに対し、400㏄の濃い目のだし汁を加え、
大根やニンジンなどの野菜を加えれば完成です。
酒粕は最後に入れて、沸騰させないのがポイントです。

美容やダイエット目的なら朝に飲むのがおすすめです。
朝食代わりに甘酒を飲めば、朝のお通じスムーズにしてくれます。
また、代謝酵素を高める効果があるとも。

作りたての甘酒は酵素がたっぷり含まれているので
栄養満点で忙しい朝のエネルギーチャージにピッタリです。

すごい! 酒粕甘酒の効用!

酒粕にはコウジ酸が含まれており、
シミやそばかすの原因となるメラニンを
抑制する働きがあります。

そのため美白効果が期待できます。

また、ビタミンB群などが含まれており
肌のターンオーバーを活性化するため、
肌トラブルを解消して、美肌に導きます。

下記で酒粕甘酒の効能を紹介します。

1・食物繊維が豊富
米に比べて10倍もの植物繊維が含まれています。
そのため腸内環境がよくなり、基礎代謝も上がります。

2・ダイエット効果がある
豊富な食物繊維はお腹にたまり、食べ過ぎを防ぎます。
インスリンが上昇せず、血糖も脂肪細胞に運ばれないので、
肥満防止に役立つとされています。
また、酒粕に含むブドウ糖は満腹中枢に働きかけて
空腹感を抑えてくれます。

3・糖尿病予防
糖尿病は、インスリンの作用不足により、
血糖が高くなってしまう病気ですが、
酒粕には、インスリンに似た働きをする物質が含まれています。
タンパク質の分解吸収を促進する機能性物質も含まれているため、
糖質を減らす作用があるとされています。
糖尿病はそのままにしておくと恐ろしい合併症を引き起こすので、
血糖値が高めの人は酒粕で予防しておくのがいいかもしれません。

4・高血圧予防
酒粕は血圧を上げる作用のあるアンジオテンシン変換酵素を
阻害するペプチドが6種類含まれるため、
血圧の上昇を防ぎ、高血圧の予防に効果があります。

5・がん抑制
日本酒に含まれるグルタチオンが毒物を
解毒して肝機能を強化し、細胞の老化を防いだり、
肝臓ガンや肝硬変を予防します。
このグルタチオンは、日本酒と同様に酒粕にも
同じように含まれています。
酒粕にはがん細胞を殺すナチュラルキラー細胞を活
性化させる働きがあります。
そのため、ガンを予防する効果が期待されています。

6・アレルギー改善
酒粕には、アトピー性皮膚炎や花粉症の原因となる
カテプシンBという酵素の働きを抑える効果があると
いわれています。
そのため、アレルギー体質の改善が期待できます。

7・脳梗塞予防
酒粕の酵母が、体内で血液の固まりを溶かす作用を持つ
ウロキナーゼの合成を促進させ、血栓を溶かす効果があり、
脳梗塞予防すると言われています。

8・骨粗鬆症
年齢を重ねると、カテプシンLという物質が
骨を壊してしまいます。
酒粕にはカテプシンLの働きを阻止する成分が含まれているため、
骨粗しょう症の予防に繋がります。
酒粕は、ビタミンB群、ミネラルや必須アミノ酸が豊富で、
栄養バランスが良く、身体に様々な良い効能がある事が
分かります。

まさに「飲む点滴」だといえます。

また、料理にも使えます。
酒粕に含まれるアミノ酸や米由来の糖分が、
お料理に旨味をプラスしてくれます。

ただし、注意が必要です。
酒粕の酵母は40℃以上で死滅してしまいます。

脳梗塞、心筋梗塞などの予防効果を高めるには、
和えものなどで加熱せず生で食べることがポイントです。

白和えや豆腐の粕漬けなど火を通さないで使うのがおススメです。

美容では、顔パックもおすすめです。

美白成分として有名なアルブチンや、
抗酸化力の高いフェルラ酸などの天然成分を含んでいますので
美肌効果が期待できます。

しかし、皮膚からアルコールを吸収する恐れがあるため、
お酒が弱い方は気を付けるようにした方が良いかもしれません。

尚、沸騰しないように時間をかけて
アルコールを飛ばす方法もありますが、
アルコール分が0ではないので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

酒粕は有名な酒蔵なものでも1kg500円程度と
とってもリーズナブルなお値段で購入できます。

作り方も簡単な上、美容にも高い効果が望めます。

酒粕には、身体に良い成分や効果がたくさんあります。

薬のような副作用がなく、毎日甘酒を飲むだけで
健康をサポートしてくれるなんて嬉しいですよね。

ぜひ今日から取り入れてみてください。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>