あなたも得する人に!?幼稚園の補助金制度を分かりやすく解説

Sponsered Link



子供の成長は早いもので、
この間生まれたと思ったらもう幼稚園!

お子さんのさらなる成長が楽しみでもありますが、
お金のことも気になりますよね。

幼稚園入園にあたり、入園の際の入園料や
毎月の保育料がかかることになるので
必要なこととはいえなかなかの痛手です(~_~;)

そんな保護者の負担を軽減しようと、
お住まいの自治体から補助金が出されるのをご存知でしょうか!?

補助金の種類には3つあって、

・私立幼稚園就園奨励費補助金
・幼稚園園児補助金(保護者負担軽減補助金)
・入園料補助金

上記の3つのうち、

ひとつめは国が定めた制度なので
全自治体で行われていますが、

下の2つは自治体独自の制度なので
自治体によって補助額に差があったり、
実施自体行っていないところもあります・・・。

そこで、幼稚園入園で受けられる
補助金額や申請方法について
詳しく解説していきたいと思います(=゚ω゚)ノ

幼稚園の補助金でもらえる金額は?

Sponsered Link

まず、実際どのぐらいの補助金をもらえるのか
ということですが、

先ほど紹介した
「私立幼稚園就園奨励補助金」と
「幼稚園園児補助金」に関しては
年収によって額が決まり、所得制限もあります。

また、子供が第何子か、
同時に幼稚園に通っている子がいるか、
上の子の年などによっても金額が変わってきます。

東京都の平均額を例に紹介すると、
年収400万程の家庭の第一子なら
もらえる額は大体年額で10万円前後、

年収600万円程の第一子なら
年額6万円前後になります。

前述の通り各自治体によって内容に違いがあるので、
詳しくはお住まいの自治体のホームページなどを
参照してみるのが一番です!

それに対し、入園料補助金は
入園料に対する補助を行うのが目的なので
原則所得に関係なく、
子供ひとりにつき一回、一定額が支給されます。

東京23区内では、大体4~5万円の入園補助金を
備えているところが多いようですが、

港区や千代田区では
入園補助金の支給を行っておらず、

逆に大田区では23区で最高額の
11万円もの額が支給されます。

・・・スゴイですね( ゚Д゚)

補助金をもらうまでの流れ

補助金でもらえる大体の額が分かったところで、
どうやったら補助金をもらえるのか

その申請方法についてご紹介していきます。

「申請のために自分で役所に行かなきゃいけないの!?
うっかり忘れたらどうしよう・・・」

なんて思われた方もいるかもしれませんが、
これらの補助金の申請は
幼稚園を通して行われるので、
原則申請のために自分で役所などに出向く必要はありません!

5~6月に幼稚園から申請書が配られるので、
必要事項を記入&必要書類を添付の上
幼稚園へ提出すれば、入園料補助金については7月頃、
それ以外については11~12月頃に
振り込みが完了することが多いようです。

入園料補助金以外は、申請を毎年行うことになるので、
幼稚園から申請書が配られたら
忘れずに提出するよう注意しましょう!

まとめ

幼稚園の補助金の種類やもらえる額、
申請方法についてご紹介してきました!

ちなみに公立の幼稚園は
自治体の補助により
保育料が私立より安く抑えられているので
原則補助金は出ないということです

(自治体によっては公立でも補助金が出るところもある)。

また、最近増えている
認定こども園に移行した幼稚園に関しても、
収入に応じた保育料を支払うという形で

幼稚園型の時より
保育料が抑えられることになるので、
補助金は出なくなります。

ちなみに私の子供が通っていた幼稚園も、
途中で認定こども園に移行し、
保育料が変化しました。

確かに認定こども園に移行した後の方が
月々の保育料は安くなりましたが、

幼稚園時代は11月頃に
補助金でまとまった額が返ってきたので、
最終的に支払った額としては
大体結局同じくらいになったと記憶しています。

保育料が収入によって変わるので、
仲のいいお母さんと金額を探りあったり
なんてこともありましたね~(笑)

もし、子供の入園前に
引っ越しなどを考えている方は、
住まいによって補助額が変わることも考慮して
引っ越し先を考えてみるのもいいかもしれません(^^)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>