もうヤバイ!? すぐに始めるべき日焼けのシミ対策

Sponsered Link



紫外線が強くなる季節になりました。
日焼けするとシミができやすくなりますよね。

10代の頃にはあまり気にしなかったシミ、
20代になると目立つようになりますよね。

そこで、日焼けによるシミ対策について考えてみましょう。

シミの原因

Sponsered Link

シミには、いくつかの種類があり、
シミの種類によって、原因や対処法が違います。

老人性色素斑
シミの中で最も多いタイプです。
日焼けの積み重ねによってできるといわれています。
早い人で20代からでき始めます。

花弁状色素斑
肩や背中などにできる小さな花びら状のシミです。
この種類のシミは、レーザー治療で取るのが有効で
他の方法で消すのは難しいようです。

脂漏性角化症
このシミは、老人性色素斑からできることがあります。
平らなシミがイボのように盛り上がり、
表面はボツボツしているのが特徴です。
日焼けや老化が原因で、美白化粧品では効果はありません。
レーザー治療や凍結療法が有効です。

そばかす(雀卵斑 じゃくらんはん)
そばかすは、遺伝的なものです。
遺伝体質を持っている人は10代からでき始めます。
日に当たると濃くなることがあるのでUV対策が必要です。
近年では、フォトフェイシャルやオーラルなど
IPLという光を顔全体にかける治療が主流です。

炎症性色素沈着
ニキビ跡や傷跡などが茶色のシミになって残ったもので、
頬からアゴのできるニキビは、
このシミになりやすいので注意が必要です。
足や腕にできた虫刺されの跡、
ムダ毛を抜いて毛穴の周りが炎症を起こした跡、
などのシミはこの種類です。

このシミは、原因を取り除けば自然に消えることがあります。
数ヶ月で消えることもあれば、何年もかかるケースもあります。
間違ったスキンケアや肌に炎症を起こすような刺激でも
できることがあるので、
肌を擦るようなスキンケアはしないようにしましょう。
ビタミンC誘導体が配合された美白化粧品が有効です。
ほかに、ピーリングやビタミンCイオン導入も効果的です。

肝斑
女性ホルモンが乱れることにより表れることが多いシミです。
頬骨のあたりに左右対称でできる、
薄い茶色または灰色でポツポツと丸いシミではなく
太いハケでサッと塗ったようなシミです。
美白化粧品だけでは消えないので
ピーリングやビタミンCイオン導入を併用すると効果的です。

日焼けのよるシミ対策法

シミをつくらないためには、日焼けをしないことが大切です。
毎日の習慣として、日焼け止めを塗りましょう。
基本的に紫外線は1年中降り注いでいます。

そして、顔にはパウダーファンデーションを塗るようにしましょう。
パウダーファンデーションの粉は紫外線を反射してくれます。
その他、帽子や日傘などでUV対策を忘れないようにしましょう。

それでもシミができてしまうことがあります。
その場合は、美白化粧品で改善できる可能性があるので
取り入れてみましょう。
美白成分には種類がいろいろあります。
肌の様子を見ながら、自分に合った美白化粧品を使ってください。

そして、シミをつくらないためには体の内側からのケアも大事です。
シミ予防にはビタミンCが有効ですが、
蓄積し続けることができないので1日数回に分けて摂取しましょう。

また、肌のリズムが整わないとシミができやすくなるため、
十分な睡眠をとりましょう。

さいごに

 
日焼けによるシミは、蓄積されて数年後にシミになって表れます。
顔に目立つシミができた時にはショックでした。

日焼けによるシミも初期段階ならスキンケアで消せるので
諦めないで日焼け対策とスキンケアをしっかり行いましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>