どんな食事がいいのかな?赤ちゃんに良いメニューは何?

Sponsered Link



産後は、赤ちゃんのお世話が忙しく
ゆっくり食事を作ったり
食べたりするヒマがありませんよね(-_-;)

でも、産後のママの体の回復を早めるためにも
キチンと栄養バランスを考えた食事を摂るべきです。

また母乳育児をしているママは
特に母乳への影響を考えて
食事を摂取するよう心がけなければなりません。

そこで、産後のママさんが摂取すべき栄養素や
栄養満点で簡単にできる
産後のママさんにおすすめレシピなどについて
ご紹介します!

 

これならできそう!忙しいママにらくらくレシピ集

Sponsered Link

簡単にできて、
栄養バランスも整ったメニューなんてあるの!?
とお思いになったママさん必見の
おすすめレシピをご紹介していきます。

その前に産後のママさんが摂るべき栄養素について
みていきましょう。
産後のママさんが積極的に摂るべき栄養素には、
鉄分、カルシウム、タンパク質、葉酸、亜鉛
などがあります。

分娩や悪露で出血が続いた産後は
貧血になりやすく、
さらに母乳は血液から作られることからも
鉄分の意識的摂取は必須です。

そしてカルシウムは
母乳を通して赤ちゃんに優先的に運ばれるため
ママがカルシウム不足になりやすいので
やはり積極的に摂取すべき栄養素です。

タンパク質も産後の体の回復や
赤ちゃんの骨や筋肉を作るのに
欠かせない栄養素です。

最後に葉酸は子宮の収縮を促して
貧血予防に効果を発揮し、

亜鉛はタンパク質の代謝に必要な栄養素なので
やはり意識して摂ることが望まれる
栄養素となっています。

これらの栄養素をたっぷり摂れて
簡単にできるオススメレシピをご紹介します!

鉄分&カルシウム摂取!ひじきとしらすおにぎり
ひじきで鉄分摂取、
しらすでカルシウム摂取が叶う
簡単レシピです。

おにぎりなら赤ちゃんのお世話をしながら
サッとつまめます(*^^)

《作り方》
①米2合を研ぎ分量の水を入れたら、
乾燥ひじき大さじ1と1/2・乾燥大根葉25g・
しょうゆ小さじ1・酒小さじ2・
塩1つまみを加えて通常通り炊きます。

②炊けたら、しらす干し15g・
白ごま小さじ2を加えて混ぜ込み、
食べやすい大きさに握って完成です。

沢山作っておいて冷凍しておくのもおすすめです(*^^*)

フライパン1つで簡単!栄養満点みそ豆乳スープうどん
冷凍うどんを使った
フライパン1つでできる簡単レシピです。

《作り方》
①フライパンに短冊切りにした
ニンジン1本分を軽く炒め、
豆乳を200ml加えます。

②煮立ってきたら、みそ小さじ1・
鶏がらスープの素小さじ1・
だしの素小さじ1/2を入れて溶かします。

③3センチほどの長さに切った
小松菜2束分と短冊切りにした油揚げ1/2枚、
冷凍うどん1玉分を加え、煮込みます。

④すべての具材に火が通ったら
お好みでネギを散らして完成です。

小松菜は、鉄分・カルシウム・葉酸を多く含むので
産前産後に積極的に摂りたい食材です。

みそや豆乳でタンパク質も摂取できる
栄養的にも文句なしのレシピです(*^^)v

具材を切って煮るだけのお手軽鍋
鍋料理なら具材を切って煮込むだけで
簡単にできるので
産後の忙しいママにもおすすめです!

《作り方》
①土鍋に手羽元8~10本とだし昆布(あれば)と
ひたひたの水を入れ火にかけます。

②鍋が沸いてきたらお好みの具材を入れて
煮込むだけ!
(おすすめの具材は白菜・しめじ・
鶏モモ肉・にんじん・大根・豆腐など)

③ポン酢やゴマダレなどでいただきましょう!

時間があれば①の工程を長くすると、
だしがたっぷり出る上、
手羽元の肉が骨からほろほろと
取れるようになって美味しいですよ(^^)

どれも簡単で栄養満点のレシピなので、
産後で忙しいけど
手軽に栄養を摂取したいという人は
ぜひ試してみてくださいね☆

 

外食時のメニュー

産後1ヶ月はママも赤ちゃんも外出せずに
家で過ごすことになると思いますが、
1ヶ月検診を過ぎたら、
少しずつ外出の機会も増えてくることでしょう。

赤ちゃん連れでの外食は
なかなかハードルが高いものですが、
もしそうした機会があった時に
どのようなメニューを選ぶべきか、

母乳のためには
どのようなメニューに気を付けるべきか
ご紹介しておきます。

とかく外食メニューは脂っぽかったり
カロリーが高かったりするものです。

外食メニューでちょっと食べるのに
気を付けるべきメニューは以下の通りです。

・ハンバーガーなどのファーストフード
・ラーメン
・カレー
・スパゲティ
・揚げ物をメインとした定食
・生クリームやチョコレートを多用したデザート
・コーヒー

などなど・・・

どれも味が濃すぎたり、刺激が強いもの、
塩分や脂肪分が多いもの
などが挙げられているのが分かります。

こうしたものを摂りすぎると、
母乳がドロドロして出にくくなったり、
詰まってしまうなんてことになりやすいので
注意しましょう。

外食メニューを選ぶときは、

・野菜中心で栄養バランスの良いもの
・塩分・脂肪分が控えめのもの

これらを意識したメニューを
選ぶようにしましょう。

・・・とはいっても
ママも我慢ばかりでは
ストレスが溜まりますよね!

なので、時には母乳のことを気にせず
好きなものを思いっきり食べても構いません。

ですが、くれぐれも
そればっかりにならないように
気を付けた食生活を送りましょう!

 

まとめ

産後のママさんが摂るべき栄養や
気を付けるメニューなどについて
ご紹介してきましたが
いかがだったでしょうか?

私も母乳育児を経験しましたが、
やはり、授乳中はとてもお腹が減るので
炭水化物をいつもより余計に摂っていたような
記憶があります。

あとはノンカフェインで
母乳の出が良くなるという
ルイボスティーを温めて
沢山飲むように心がけていましたね。

トラブルとしては、
たま~に生クリームを使ったケーキを
一切れでも食べると、
その後必ず母乳が詰まる

ということがあったので、

授乳中はあまり食べ過ぎないように
気を付けていました。

マックのポテトを食べると
必ず母乳が詰まるという知り合いもいて、

これは個人差があることなので、
母乳育児をしているママさんは
自分は何を食べると母乳の出が悪くなるか
などにも着目しながら
バランスの良い食生活を送って欲しいと思います。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>