そんな歯ブラシは危険!!実は歯ブラシは雑菌だらけ!?

Sponsered Link



虫歯や口臭予防のため、毎日の習慣として行う歯磨きは、
朝起きた時や夜寝る前など自宅で行う以外にも、
外出先でも行えるよう歯ブラシを携帯している
という人も多いでしょう。

そして歯磨きの時に使う歯ブラシは
口に入れて使うものですから
清潔に使いたいと誰もが思うことですよね(^^)

ですが、使い方やしまい方によっては
歯ブラシに菌が繁殖してしまい、雑菌だらけの歯ブラシで
歯を磨いている可能性もあるのですΣ(゚д゚ll)

そこで今回は、歯ブラシにどのくらい
雑菌がついている可能性があるのか、
また雑菌がつかないようにする保管方法などについて
ご紹介していきます。

歯ブラシは雑菌だらけってほんと!?

Sponsered Link

歯ブラシは本来汚れた歯を磨いて
キレイにするためのもの。
ですが実際は、歯ブラシ自体が
雑菌だらけだと言われているのですΣ( ̄ロ ̄ll)

その理由としては、そもそも人の口の中にも
菌がいるということが挙げられます。

例えば朝起きた時、口の中が
ネバついていることってありますよね。

そのネバつきこそが、口の中に菌がいる証拠なのです。

そんな菌だらけの口の中を歯ブラシで磨いたら、
当然歯ブラシの方に菌がついてしまいます。

また歯ブラシは濡らして使うものなので、
濡れている状態が長くなると菌が繁殖しやすいですし、
洗面所やお風呂場などの湿気の多い場所で
保管することが多いのも、
雑菌だらけになりやすい要因となっています。

ある調査では、使用後の歯ブラシについている雑菌数は
一億個以上にもなるとのこと!(;゚Д゚)

その菌の多さは便器に溜まっている水より
汚いという説もあるほど・・・
汚いですね・・・

でもすべての菌を取り除くことは不可能ですし、
菌を排除し過ぎることは、菌に対する耐性が
なくなってしまうことにもつながるので、
無菌状態にすることはないにしても、
できる限り菌が繁殖しないように
適切に使用・保管することが大切と言えます。

雑菌を増やさない歯ブラシ保管方法とは

では、できる限り歯ブラシに
雑菌を増やさないようにするには
どのように保管するべきなのでしょうか?

まず、歯ブラシは1ヶ月を経過したら
新しいものに交換しましょう。長く使えば使うほど
それだけ雑菌が付きやすくなります。

そして使用後の歯ブラシには
口の中の菌がたくさんついていますので、
強めの流水でしっかり洗い流します。
歯ブラシに食べかすなどがこびりついている場合は
しっかり取り除きましょう。

そして、水気をしっかり切って風通しの良い
乾きやすい場所に歯ブラシを置いて
しっかりと乾燥させるようにします。

なので、お風呂場に置くのは極力避けた方がいいでしょう。

また携帯用歯ブラシについているキャップなども
菌が繁殖する原因となるので
どうしてもキャップを使う場合は
しっかり乾かしてからキャップを付けるようにしましょう。

また家族でお住まいの方はコップなどに
家族分の歯ブラシを立てかけて
保管しているという人も多いでしょう。

ですが、歯ブラシ同士がくっついてしまうと
菌が別の歯ブラシに移ってしまうことになるので、
歯ブラシ立てを使用するなどして
歯ブラシ同士がくっつかないようにしましょう。

もっと効果的に雑菌がつくのを押さえたいという方は、
歯ブラシ専用の洗浄剤や歯ブラシに紫外線を当てて
除菌できるというものもあります。

歯ブラシ洗浄剤

歯ブラシ除菌器

興味のある方は参考にしてみてください(^_-)-☆

まとめ

歯ブラシについている雑菌についてや
雑菌を防ぐ保管方法などについてご紹介してきました!

歯ブラシが便器の水より汚いというのは
ちょっと衝撃でしたね(;´・ω・)

私の家では歯ブラシの毛が広がるのを目安
新しいものに交換していたのですが、
1ヶ月に一度は交換が必要なんですね。

さすがに便器の水を口の中には入れたくないので、
ケチらずに、きちんと
こまめに交換していこうと思います(;^ω^)

皆さんも使用方法や保管方法についても
きちんと見直して、なるべく清潔を心がけましょう!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>