その収納場所は雑菌だらけ!?衛生面をアップしたい歯ブラシの収納

Sponsered Link



虫歯予防やお口の健康のために毎日歯ブラシをしていると思いますが、実は保管方法が間違っていたら、その歯ブラシには雑菌がいっぱいついているかもしれないのです!

その歯ブラシで磨けば、せっかく綺麗にしているのに、雑菌をお口に入れていることになってしまいます

どのような状態が雑菌を増やしてしまうのでしょう?

細菌やカビなどの雑菌は湿気の多い場所やジメジメした場所を好みます。

塗れたままの歯ブラシは菌が一番好む場所になってしまいますね。

ユニットバスなど、トイレと洗面所が一緒になっている場合は、トイレの色んな菌も浮遊していることもあり、湿度も高いので歯ブラシを置いておくのは衛生的ではないですね。

歯ブラシの収納で雑菌対策!衛生面アップ方法!

Sponsered Link

普段歯ブラシを持ち歩いて、お昼の後歯磨きをしたら、歯ブラシが濡れたままキャップをしていませんか?

そうすると菌がみるみるうちに繁殖していきますよ。

キャップをする前に、清潔なティッシュなどで拭いて乾いてからキャップをしましょう。

家では、コップの中に逆さにしておいていたり、他人の歯ブラシを一緒においていたりしませんか?

コップの中も不衛生だし、一緒に立てていて歯ブラシ同士が触れて、雑菌を移し合ってしまいます。

歯ブラシを収納する前には、必ず強めの流水でしっかり洗って下さい

ちょっと流すだけでは綺麗になりません。

そして、湿気の少ない風通しのいい場所に保管するのがいいです。

雑菌だらけ!?歯ブラシ収納で衛生的になる3つの方法

衛生的になる歯ブラシの保管方法は、まずしっかり洗うのはもちろんですが、

・歯ブラシの水気をよく切る

・乾燥させて風通しのいいところに保管

個別に保管する

これを普段から意識していれば、清潔に保つことができます。

しかし、同じ歯ブラシをずっと使い続けていては、それだけ雑菌も増えているので、歯ブラシを交換するのも忘れないで下さい

まとめ

今まで書いてきたこと以外に、紫外線や除菌スプレーで歯ブラシを除菌して保管する方法もあります。

ケースに入れておけば除菌してくれるものも、千円台からあるので使ってみてもいいかもしれませんね。

歯ブラシは毎日使うものなので清潔にしておきたい物ですが、バタバタしている時などさっと流してコップに立てたままにしていたり、ずっと長い間使っていたり、意識していないとあっという間に歯ブラシは雑菌だらけになってしまいますね!

歯ブラシもストックをしておいて、いつでも替えられるようにすれば安心ですね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>