知らなきゃ損!?ブリーダーから犬が無料でもらえる?

Sponsered Link



これから犬を飼おうと決めたら、
まず思いつくのはペットショップに行くことだと思います。
ですがちょっと待ってください!

ペットショップにいるワンちゃん達と同様のワンちゃんを
無料でもらえる可能性があります。

お店にいる仔犬には血統書が付いている犬がたくさんいます。

ブリーダーが血統の良い犬を繁殖させているからなのですが、
その血統の良い仔犬の親も繁殖を引退する時は来ます

ブリーダーは、引退した親犬の里親を募集して、
引き取ってくれる人に無料で差し上げることがあります。
と言っても老犬ばかりではありません。

生後2才~4才の犬も多いです。

しかも、病気があるなど特に理由はない元気なワンちゃんばかりです。

数回出産した犬は繁殖を引退させて、世代交代させるのですが、
引退した犬をそのまま飼育し続ける事は難しいので、
ブリーダーさんのHPなどで里親募集のお知らせをしています。

買うのではなくて引き取る 

Sponsered Link

繁殖引退犬は、大体、生後1年以上3歳未満までに初産、
合計3回くらい出産させています。

そして4歳を目安に引退させますので、
優良なブリーダーからであれば若い犬を引き取ることが出来るのです。

犬の状態を見て引退を考えますが、
子宮が弱い子は2才で引退させることもあります。

引退犬だから、身体に問題あるのではと疑問もあるかと思いますが、
健康状態は全く問題ありません

体力面も弱いわけでも無いですし、
ただ、無理な繁殖をやめさせただけです。

これ以上出産をさせたら、子宮や健康面に負担がかかると判断されたからです。

繁殖犬はその犬種の模範の犬ですが、
血統書の付いたワンちゃんとはどう優秀なのでしょうか?

気になりましたので調べたら
ブリーダーは、良い犬を生み出すため、
好ましくない資質などが
どの先祖犬から受け継がれているのか研究していて、
数年代前の先祖犬の事まで記載されている血統書が
交配を決める上で重要な情報源となっています。

遺伝性疾患などを持った犬を生み出さないためにも
血統書は必要なのだそうです。

犬種にはそれぞれ理想の姿を定めた
犬種標準「スタンダード」とよばれるものがあります。 

純粋犬種を繁殖させようとしたときには
生まれた仔犬がより犬種標準に近くなることを目指しています。

ドックショーに出しているブリーダーにとっては
なおさら重要な情報源になるようです。

健康状態や性格は遺伝しますので、
繁殖引退犬はその辺りも熟考された優秀なワンちゃんなのだと言えます。

ブリーダーから繁殖犬を引き取ったけど、
懐かなくてお世話が大変だという声も耳にします。

これは、悪徳なブリーダーが繁殖だけを目的として、
犬にとって適切な環境を与えていない場合があり、
狭いゲージの中だけで育て、外に連れ出さなかった結果、
ブリーダー以外の人間を知らず、
懐くまでに少し時間がかかる事があるのです。

ですが、良心的なブリーダーはみんな犬好きで、
愛情をもって育てているので性格も穏やかな明るい子が多いと聞きました。

まだ2才~4才と若い犬なら長く一緒に暮らすことができ、
優秀ブリーダーからなら初めて犬を飼う人でも
様々なアドバイスが聞けるので安心です。

ブリーダーだから安心


ブリーダーがこだわるのは容姿だけではありません。 

健康でいるかどうか、将来、健康に難があるかどうかも見極めています。

優秀なブリーダーは、特定の犬種に精通し、
誇りやこだわりを持ち、標準犬種を追究して
計画的に繁殖を行っています。

プロ中のプロからなら、安心してワンちゃんを迎えることが出来ます。

ですが、ブリーダーの方も今まで育ててきた愛情があるので、
犬を育てる環境が整っていないと里親に志願しても断られる場合もあります。

幸せになるか、賃貸なら犬を飼って良い部屋か、
金銭面まで里親に対して厳しい目で判断をします。

犬を飼えば定期的な予防接種など何かとお金がかかるからです。

それから、繁殖引退犬を譲り受けるのには厳しい条件等があります!

まず、血統書はもらえないことがほとんどです。
子供を産ませないというのは、繁殖引退犬を引き取る事の最低条件です。

血統書を付けないのは、
別の個体を偽って繁殖に使い、替え玉出産をさせたり、
万が一に引退犬に交配や出産をさせて、
血統をむやみに流出されるのは困るからです。

それから犬が来てしばらくの間は、
散歩は短い時間で済ませた方が良いかもしれません。

繁殖犬の多くは、犬舎以外の外の環境に慣れていません。
つまり散歩を知らないことがほとんどです。

ですので、迎え入れてから最初は犬も戸惑っている状態です。

ワンちゃんに無理をさせずに
徐々に外環境に馴らすことが大切なことだと思います。

愛情いっぱい注がれたワンちゃんは、幸せになります。
新たな人生を思い出いっぱいにしてあげたいですよね。

こちらのサイトで優良なブリーダーさんを探せますので、
里親に興味をもったら、ぜひ、参考にしてみて下さい。

ジャパンケネルクラブ 
http://www.jkc.or.jp/modules/certifiedpdgr/index.php?content_id=2
血統書の見方や、優良ブリーダーの情報も見られます。

まとめ


筆者の経験から、犬を飼う準備のために必要なものを
紙にリストアップして、
エサ入れ、水 リード、ペットシーツ、フードと細かく書いておくと
買い忘れしませんのでおススメです。

そして、耳掃除や爪切りなど、なにかと通うことになるので、
引き取る前までに自宅近くに動物病院はあるか調べておくことも大切です。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>