個人事業主だとローンが組めない!?それってホント!?

Sponsered Link



日本でもそうですが、アメリカでも

事業主はローンが組みにくくなっています。

私が家具屋を始めてローンが必要になった時に、

収入はある程度あるのに組めなかったことには、

ガッカリしました。

どうして個人事業主だと、ローンが組めなかったりするのか

見ていきたいと思います。

ローンが組めない理由とは?

Sponsered Link

まず自分がお金を貸す側になってみると、

納得出来るかもしれません。

個人事業主の場合は、毎月お給料が入るサラリーマンとは違って、

儲かる月と暇な月があったりしてバラツキがあります。

そして個人事業主の場合は、事業主本人が

病気で働けなくなると雇用保険が無い為、

収入がストップします。

そうするともしも何かあった時に、

借りたお金を返済出来なくなります。

ですから、毎月返済をして欲しいローン会社にとっては、

リスクが大きくなるのです。

そして毎日決まった時間にコツコツ働いている

サラリーマンに対し、事業主は自分の好きな時間に

仕事ができ、自分の好きな時間に休みが取れる、

という認識がされていて、信用が低いとも言えます。

個人事業主でもローンが組めるコツ!!

金利は高いが、審査の低い金融機関を選ぶ

金融機関も様々あるので、審査のハードルが

低い機関を選ぶのもアイデアです。

そのような機関は、金利が少々高く設定されているので、

毎月の返済額と総返済額が高くなります。

例えば住宅ローンを組もうとして、考えてみたいのは、

自分が買おうとしている土地や家が

どれだけの価値があるのか、という事です。

その物件に投資価値があれば、長い目で見て

高い金利を払い続けて、返済しても良いでしょう。

充分な頭金を貯めておく

これは大切です。

充分な頭金を貯めておくと、ローンの金額も減りますし、金融機関も

信用してくれる可能性が増します。

納税をきちんとする

税金や健康保険料の滞納がないように、

きちんと払っている事が大事です。

うちの場合は、毎月払うのではなく

半年に一度まとめて払っていたので、

審査でプラスになりました。

毎年の儲けを増やす

以前は税金対策の為に、儲けを隠していたので

収入が少ないと思われて、ローンが組めませんでした。

多分これが一番の理由だろうと思うので、

何年かかけて儲けをきちんと表すようにしましょう。

そうすれば、収入が何年も充分にあるとみなされ、

借りやすくなります。

個人で借金をしない

個人で他に借金をしていると、住宅ローンを

組める金額が少なくなるからです。

まとめ

私の場合も、車の借金を払ってしまい、

毎年の儲けをちゃんと表すようにして、

数年かかりましたが、やっとローンが組めました。

このように慌ててすぐにローンを組もうとせず、

今からじっくり予定を立てながら、

長い目でローンを組むようにする方が良いでしょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>