あなたも損している可能性が!?頼りになる保険の見直し会社まとめ

Sponsered Link



保険を見直そうと思った時
『どこがいいのか』『何がいいのか』わかりませんよね。

わからないからと言って、
営業マンに勧められるがまま入ってしまうと大変です。

ここでは、見直しをどこに相談してらいいのか。
保険会社はどう選べばいいのかをご紹介します。

騙されない為に必読!保険見直し会社紹介!

Sponsered Link

保険見直し会社ってCMで見ている会社もありますが、
どんな会社があるのかあるんでしょう。

①Lifull”(ライフル)
全国1000店舗以上の保険窓口と提携しています。
来店型の保険窓口の無料相談に特化しているので、
自宅に来て欲しくない人にはピッタリです。
複数社の保険から自分に合ったプランを提案してもらえます。

②保険見直し本舗
全174ヶ所の店舗ブースでの来店型保険無料相談サービスです。
取り扱い保険会社(約50社)の保険商品の中から提案してもらえます。

③ほけん百花
22社約120の保険商品を扱っており、
プロのスタッフに無料で相談できます
プロのスタッフが自分にふさわしいプランを提案してくれます。

④保険アドバイザーズ
保険コンサルタントは、経験豊富なベテラン揃いです。
保険会社に所属していないため、
公正中立な立場で、保険設計を提案してくれます。

⑤保険Queen
保険のプロフェッショナルによる、
一人一人のライフスタイルに合わせた保険の見直しを、提案してくれます。

こんなに見直しの相談をできる所があるんですね。
自分でいろんな会社の商品を比べるのは難しいですから、ぜひ利用したいです。

保険見直しする前に!保険会社の選び方!


では、どんな保険会社を選べばいいのでしよう。
見直しの商品の大切ですが、保険会社もしっかり選びたいです。

運営形態で選ぶ。

【営業所を構えている大手の生命保険会社】
営業マンや外交員などが主に営業を行なっています。
ランキング上位に入っているもののほとんどが、
大手保険会社が取り扱っている保険商品です。

【店舗をもたないダイレクト系やネット生保】
担当する営業マンがつかないデメリットがあります。

【外資系の保険会社】
日本でシェアを増やしている外資系の保険会社ですが、
日本における販売実績や運営年数なども、考慮する必要があります。

格付けや支払い余力で選ぶ。

【ソルベンシーマージン比率(支払い余力の比率)】
保険金の支払余力という意味です。
不測の事態でも対応できる『支払余力』があるかを判断するための指標。

政府は、ソルベンシーマージン比率が200%以上であれば、健全と考えています。

【格付け】
株式会社格付投資情報センターなどの格付け会社が、
各保険会社の財務力を評価し、
『AAA』が最上、『C』が最下位と格付けをしたもの。

『ソルベンシーマージン比率』や『格付け』だけではなく、
財務諸表や企業規模、成長性も合わせて、判断することが重要です。

保険金請求対応力・顧客満足度で選ぶ。

保険会社によって、保険金請求から支払いまでのスピードが異なります

葬儀会社や病院への支払いをスムーズに済ませるためにも、
対応が早い保険会社がいいです。

こんなにも、保険会社を選ぶポイントがあります。
これらと、無料相談の内容とを合わせて決めたいですね。

まとめ


いかがでしたか?

保険を見直すのは本当に大変です。

ですが、営業マンに言われるまま選ぶのではなく、
頭に少し知識を入れて、無料相談に行くことで自分に合った保険を見つけられます。

見直しを考えたら、チャレンジしてみましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>