眼帯は必要?期間は?ものもらいの症状を知り、適切な対処法を知ろう

Sponsered Link



ものもらいになると眼帯をするというイメージですが、眼帯をする期間はごく短い期間です。

実は眼帯をするのは、ものもらいが悪化して膿がたまり、切開して膿を取り出したあとに眼帯をすることが多いそうです。

それでも少しの期間だけなので、眼帯をすることはあまりないでしょうね。

眼帯をしなくても、病院で抗生物質や抗炎症剤といった点眼薬をもらえば治りが早いです。

眼帯で外部からの細菌をブロックしているから等と、治療の一環だと思っていたら、実はそうではありません

では最初に、ものもらいが一体どうゆう原因で起こるのか?という事からみていきましょう。

ものもらいは、なぜ起こる?

人間の身体全身に、汗腺や分泌腺が張り巡らしています。

なので、私達の目の周りにも、そうゆう腺があるのです。

その小さな腺に脂肪が詰まったり細菌が繁殖して、炎症を起こす事ものもらいと言います。

ものもらいの症状

Sponsered Link

「目がかゆい」「ゴロゴロする」といった不快な症状があれば、ものもらいの可能性があります。

地域によっては「めばちこ」「めいぼ」などと呼ぶ地域もあるようです。

ものもらいは二種類に分けられ、

「麦粒腫」(まぶたに菌が感染して膿がたまった状態)

「霰粒腫」(さんりゅうしゅといってまぶたに脂がたまった状態)があります。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

時々目をこすった時などに、まぶたに少し違和感がある時があります。

私達のまつげの生え際に、「マイボーム腺」が存在し、そこに脂肪が詰まる事を「霰粒腫」と言い、プクっと腫れたりします。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

そして、まぶたがかゆかったり、赤く腫れてしまう事もありますね。

私達のまぶたの周りにある毛穴や、分泌腺に何らかの理由で雑菌が入り込み、感染した事を「麦粒腫」と言います。

この感染が悪化すると、化膿して痛みやかゆみなどの症状が出て来ます。

麦粒腫は、まぶたの一部が腫れて、目を押さえたり、指で押したりしたら痛みがあります

始めは目がかゆくなり徐々にまぶたが赤く腫れてきます

患部が広がると全体が腫れたり目やにが多く出たりします

数日で皮下に膿がたまるのですが、放置しておくと破れて出てきます

膿がでると、治ることが多いのですが、放置していて重症化する場合もあります。

白くニキビのようなものができることがありますが、それぞれ治療方法があるので、自己判断でつぶして膿をだそうとすると、細菌が入ったりして危険なので、やめましょう。

ものもらいに眼帯はいらないの?

結論から言うとイエスです。

私も眼帯をする事で、外部からの細菌を防ぎ治りを早めると思っていました。

でも、人間は多かれ少なかれ、いつも汗をかいているので、眼帯をしていると目が蒸れて細菌を繁殖させてしまうという逆効果になってしまうのです。

そして雑菌が繁殖し過ぎると、目だけではなくもっとひどい病気に感染する事もあるので、眼帯は間違った防御法のようです。

ものもらいってうつるんだよね?

ものもらいは、うつりません

なので、眼帯の必要はないと考えて良いでしょう。

ですが、ウイルス性の結膜炎は「はやり目」と呼んで、感染するので注意して下さい。

眼科医によって眼帯をさせない!?

眼帯をさせる病院もありますが、ものもらいは他の人にうつる病気ではありません

ただ、汚れた手でいじると再発したり、治りが遅くなったりするので、眼帯をさせる病院もあります。

自然に放置していても完治しますが、その際は目を清潔に保っておく必要があります。

市販の普通の目薬では効果が得られないので、抗菌目薬を使いましょう。

最近は使い切りの目薬があるので、そのような物がおすすめです。

危険!子供に眼帯をさせると弱視を引き起こすかも!?

発育期の子供に眼帯をしばらくさせてしまうのは、片方の目をいつも使う事になるので、目の機能発育を妨げてしまう可能性があり、弱視になる心配があります。

特にメガネをかけている子供が眼帯をすると、そのリスクが高くなる可能性があるので、充分な注意が必要です。

ものもらいへの対処

手でこすらない

かゆいと思いますが、絶対手でこすらないようにしましょう。

手には、たくさんの雑菌がついているので、症状を悪化させてしまいます。

コンタクトレンズはしない

コンタクトを使用している方は、コンタクトで角膜が覆われているので、菌が繁殖、増殖しやすい環境になってしまいます。

なので、コンタクトの方はなるべく、目に負担をかけないように清潔に保つようにしましょう。

コンタクトをいつもしている人は、治るまではコンタクトレンズをしないのがベストです。

メイクをしない

女性はアイシャドウや、アイライナーなどのメイクをしないように、気をつけて下さい。

ものもらいになる原因として、多くは黄色ブドウ球菌が原因で、化膿した傷に存在することが多いですが、健康な人の、のどや鼻などにも分布しています

感染力は弱いので大きな危険はありませんが、抵抗力が落ちている時や、汚れた手で目をこすったりすると、ものもらいが出来たりします。

ものもらいに似た症状ではやり目がありますが、はやり目流行性角結膜炎といって、人にうつるので、同じタオルを使ったり、接触するようなことはやめましょう

まとめ

ものもらいにならない為にも、ものもらいになった後でも、いつも目を清潔に保つ事が大切です。

そして湯船にゆっくりつかって、身体全身と一緒に目も温めると、治りが速まる可能性がありますよ。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>