違いが分からない!?歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏の違いとは?

Sponsered Link



口の中の異常といえば、虫歯の他
歯周病(ししゅうびょう)や
歯肉炎(しにくえん)、
歯槽膿漏(しそうのうろう)
などという名前を聞いたことがあるかと思います。

どれも歯ぐきの異常のことを指すのは何となくわかるけれど、
細かくどう違うのかわからないという人が
大半ではないでしょうか?

私自身、名前は聞いたことがあっても
どういう症状のことを言うのか正直分かりません(^^;

そこで今回は、歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏とは
それぞれどういった症状でどういった違いがあるのか
について調べていきたいと思います!

歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏ってそれぞれどういう状態!?

Sponsered Link

まず、それぞれがどういった症状のことを指すのか
を説明すると、歯周病というのは、
――歯を支えている歯ぐきや内部の歯槽骨と呼ばれる
歯の周りの骨などの組織が壊されていく症状―-
のことを言います。

歯周病の軽度の段階を歯肉炎、
中度の段階を歯周炎、
重度の段階を歯槽膿漏(または重度の歯周炎)
と呼ぶということです。

各段階の症状を簡単に説明すると、

歯肉炎…歯ぐきに炎症が起きた状態で、
歯ぐきが赤く腫れ、軽い刺激でも出血しやすくなり、
歯との間に2~3㎜程度の隙間ができている状態。

歯周炎…歯ぐきの炎症が進み、
歯ぐきが赤紫色になって退縮し、
歯周病菌が歯ぐき内部の組織まで侵入し始めた状態。

歯ぐきから血や膿が出たり、歯がぐらつき始める。
歯との隙間は4~7㎜程に。

歯槽膿漏…歯周病菌が広く歯ぐき内部まで侵入し、
歯を支える骨が半分以上破壊され、
今にも歯が抜け落ちそうな状態。

何もせずとも血や膿が出たり、口臭もひどくなる。
歯との隙間は6㎜以上に。

歯肉炎と歯槽膿漏の決定的な違いは、
症状が歯ぐき内部まで進んでいるかいないか
の違いということになりますね(=゚ω゚)ノ

歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏の治療方法は!?

続いては、各段階の治療方法について見ていきましょう。

歯周病の原因は先ほどちょっと出てきた
「歯周病菌」という細菌が
歯と歯ぐきの間で増殖することで起こります。

この「歯周病菌」は歯が汚い状態が続くと
増殖しやすくなります。

なのできちんと歯磨きをして口の中を清潔に保つことが
歯周病を防ぐ最大のポイントになります!

歯肉炎の段階であれば、
まだ歯周病菌は歯ぐき内部の組織まで侵入していないので
正しいブラッシングなどの口腔ケアで改善が見込めます。

歯石が溜まっている場合も、
歯周病菌が増殖しやすい原因となりやすいので
歯医者さんで取り除いてもらいましょう☆

歯周炎まで進んでしまうと、
下がってしまった歯ぐきを他の場所から移植したり、
薬や手術で壊れてしまった歯ぐき内部の組織を
再生させる方法をとりますが、
完全に治すことは難しくなります。

費用も自費だと15万円くらいかかる場合も
あるようです(~_~;)

歯槽膿漏まで進んでしまうと、
完全に治すことはほぼ不可能となり、
それ以上の進行を防ぐか、
最悪の場合は歯を抜くしかなくなる場合も
あるということです(;゚Д゚)

症状が進むと治療費も高くなるばかりか
最悪の場合歯を失うことになるので、
早めの予防を心がけましょう。

まとめ

歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏それぞれの症状と違い、
治療法について調べてきました☆

歯槽膿漏ってすごい怖い症状なんですね~(;゚Д゚)
歯が抜けてしまうなんて、なんとしても避けたい事態です!

歯肉炎も、甘く見ているとどんどん進行していってしまう
ということなので、
毎日の歯磨きでの中の清潔を保つことの大切さ
を改めて知らされましたね(+o+)

歯石も見た目だけの問題ではないんですね!

やはり、歯医者さんには定期的に通って
お口の中をキレイに保つのが
歯周病を防ぐコツなのかもしれないですね(*´з`)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>