節約!電気代が安くなるエアコンの使い方

Sponsered Link



エアコン「冷房を使ってしまうと電気代が高くなってしまうから、暑くなってもギリギリまで我慢するという方もいるのではないでしょうか?

電気代を気にして、部屋が暑くなったらスイッチオン!涼しくなったらオフにする。
実は、こまめな「オン・オフ」は節電には全く逆効果なんです。

エアコンの節約をちゃんと意識して使うと、電気代がぐんぐん下がって冷房効果は断然上がるんです!

今年の夏の電気代を安く抑え、快適に過ごすための電気代節約方法のテクニックを紹介します。

電気代節約テクニック

Sponsered Link

御存じのとおり、フィルターの掃除をします。

エアコンのフィルターは、2週間に一度掃除をするのがよいそうです。

意外と忘れがちになってしまいますが、掃除をするだけで十分に消費電力を減らすことができます。

面倒なら掃除機でほこりを吸い取るだけでも効果があります。
こびりついた頑固な汚れには、中性洗剤で洗うと綺麗になりますよ。

室外機を水かけて掃除

意外と盲点となっている室外機のフィン。
ここもザッと掃除をするだけでもぐんと効果が上がります。

デリケートなフィンは、優しい水流で上から下に水をかけて洗いましょう。

そして室外機の周りには物を置かず、直射日光が当たるようなら、室外機に日よけをするのも効果的です。室外機の温度が上がるとうまく熱を排出できず、不要な消費電力を使います。
室外機の上に木材などで簡単に日よけするとよいでしょう。
ファンが上を向いているタイプはフィンを塞がないように注意しましょう。

扇風機やサーキュレーターを使う!

※クリックすると楽天市場に飛びます

サーキュレーターとは・・・

暖かい空気は上にたまり、冷たい空気は下へ流れますので、室内に温度差がでます。

サーキュレーターをエアコンに向ければ空気が循環して、室内の温度差が無くなります。
リモコンで温度調節する回数が減るので節電になります。

家についたらまず換気が大事

暑くなった部屋にいきなりエアコンをつけるのは非常に効率が悪いです。

まず、窓を開けて十分に換気をしてからスイッチを入れてください。

窓を開けて、天井にたまった熱い空気を外に逃がしてあげると、早く部屋の温度が下がるので節約になります。

一刻も早くエアコンをつけたいときは、サーキュレーターを天井に向けて空気をすばやく外へ逃がせば、すぐにスイッチが入れられますよ。

運転モードを自動運転にする

自動運転にしておけば、部屋が冷えるまでは強風で、その後は弱い微風になるので、一番効率のよい運転をしてくれます。

意外なほどに電気代の節約につながるんです。

電気代を気にして最初から弱にすると、設定温度になるまで時間がかかるので逆に無駄な電気代を使うので注意です。

こまめなオン・オフはやっちゃダメ

家の中にいてスイッチをこまめに切ることはお勧めできません。

エアコンはスイッチを入れた時に一気に強風になり、設定温度に達したら、その後微風になって温度調節をするので、スイッチを入れた最初の時に一番電気代をつかいます。

電気代は一般的に言われているのは、最初の1時間は20円。
その後は5~10円と言われています。

スイッチを入れてから一気に冷やすまでの1時間が一番電力を使います。
こまめに消したり、入れたりすると、節電どころか、電気代が割高になります。

しばらく出かけるならオフにしますが、30分位の外出ならつけっぱなしのほうが
電気代がかかりません。

エネチャンジプラン

多くの電力会社の様々なプランから、一番安くお得にできる電気料金を選べます。

エネチェンジプランは、いくつかの質問に答えるだけで、電気料金のシミュレーションを行い、各家庭にぴったりな電気料金プランを提案してくれます。

しかも無料です。色々割引サービスもあり、共働きで日中に家にいないなら、夜間の電気代を安くするプランもあるようですよ。

電力比較サイトのエネチェンジはこちら↓

エネチェンジ

我が家は猫も犬もいるので、暑い日は1日中エアコンつけっぱなしです。

噂では、エアコンつけっぱなしのほうが電気代は安いと聞きましたので調べました。

エアコンの電気使用量が大きくなるタイミングは、スイッチを入れてから設定温度になるまでと設定温度と外気温度の差が大きいときに莫大に消費します。

この2つのタイミングを極力少なくすることで、無駄な電力を使わず節約になるようです。

日中、家にいるなら外気との温度差を少なくするため、遮光の厚手カーテンに替えるだけでも効果ありますね。

ああ・・・、ボーナスで新しいエアコンがほしいです。

1℃上げてみよう!温度設定

夏の電気代の大部分を占めているのがエアコンですが、環境省が推奨する温度設定は28度のようです。

一般的に言われているのは「温度設定を1℃上げると、電気代が約10%下がる」といわれています。

気になるのは電気代です。

1℃上げると10%下がる??どういう事でしょう?

大まかな計算方式ですが
消費電力(kw)×使用時間(時間)×1kwh当たりの電気料金(円)

我が家のエアコンのスペックでざっくり計算すると、消費電力が400kwでエアコンを1日6時間使った場合、電気料金が30円とします。

消費電力0.4(kw)×使用時間6(時間)×1kwh当たりの電気料金30(円)。

あくまで大体ですが、72円になります。
これに30日をかければ大体1か月の電気代が分かりますね。

72円×30日=2160円になります。

猛暑続く月は、もっとエアコン使用時間が増えるので、こんなに安心価格にはならないですけどね。

それでは設定温度1度上げるごとに10%安くなるので、(72円-10%)差額216円安くなりました。

設定温度を上げる事でどのくらい電気料金が安くなるかは、エアコンの消費電力や使用する環境によっても変わりますので、状況によって計算してみるといいと思います。

クールを感じる小物アイテム

エアコン代を節約するにはエアコンを「使わないこと」だと思いますが、うだるような暑さを我慢するのは熱中症など健康上よくありませんね。

しかし、エアコンの電気代は本当にバカになりません。
使わないので済むなら、使わないに越したことはありません!

モワっとした暑さの対策に、エアコンなしでも快適に過ごせる方法をご紹介します。

〇服装も風通しの良いものを選ぶ

ピタピタのパンツではなく、ゆったりとしたものや、大きめのTシャツ、女性ならフワっとしたワンピースを選ぶことで、体の放熱能力が変わってきますし、通気性の良いものを選ぶと涼しいと感じやすくなります。

部屋では、窓や玄関を開けて風の通りを良くするのも手です。

日本は北側に玄関を配置していることが多いそうで、北側を開けることでかなり涼しく過ごせる環境になり、エアコンは不必要!となる可能性もあります。

今は玄関用の網戸も販売されているので、虫も入ってきません。
ただ、玄関が開いていることで防犯レベルは低くなるのでご注意ください。

〇保冷剤や氷を入れたクーラーボックスの前に扇風機を置く

クーラーボックスに氷などをいれ扇風機を当てると冷たい冷気が送られてきます。

さらに扇風機の後ろ(風取り込む側)に凍らせたペットボトルを置いても、ひんやりと冷たい風が来ます。

本当に暑いときって、扇風機を使っても熱い空気をまぜているだけになることも良くあり、蒸し暑さは変わらない!という時もありますよね。

そんなときは扇風機を窓ぎわに置いて、部屋の外に向けて風を送っちゃいましょう。
このとき窓は扇風機の幅ぐらいだけ少し開けます。

こうすることで部屋の空気がいち早く循環されるので、室温がぐんと下がるんです。

〇よしずをかける。

よしずというのはよく窓のところに立てかけてある、すだれの大きい版みたいなやつのことです。

実は暑さを防ぐのにすご~く効果的で、なんと日射熱を80%もカットすることができるんです。

カーテンなどと違って窓の外に設置するから、熱がこもらないというのが大きなポイントです。

よしずと同じ効果で見栄えのいいグリーンカーテンもおすすめですね。
植物はそれ自体が呼吸するので温度を下げてくれます。

つる性の植物がぐんぐん伸びて、日射熱をカットしてくれます。
有名どころでは、ゴーヤーですかね!収穫するのも楽しいですよね。

まとめ

エアコンを使わない暑さ対策の中で、電気を使わない昔ながらの方法もありました。

電車やバスでもギンギンに冷房がついて、体の温度調節機能が崩れやすい環境です。

体を冷やしてくれる氷入りのお茶で水分補給し、体温を下げてくれる食材を利用するなどして、できるだけエアコンを使わないで自分の体調を見ながら使うようにしたいですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>