友人からの借金の願いを上手に断る方法

Sponsered Link



友達だと思って、信用してお金を貸したのに、返してくれない・・・

そのうえ、またお金を貸してほしいと頼まれた・・・。

このような経験をもつ人も少なくないはず。

そのような友人をもった場合、どう対処したらよいのでしょうか?

みていきましょう。

【こんな奴には金を貸すな!?】


借金を繰り返してしまう人には、こんな特徴があります。

・感情のコントロールができず、我慢ができない

・欲しいものはすぐ購入。

・「いい格好をして周りからよく思われたい」など見栄っ張り

・自分の体面が保てたことに満足し、さらに見栄を張る、の繰り返し。

無責任でだらしがない。

・外面がよい。

・嘘つき。

ギャンブルが好き

こういった特徴は、本人のもともとの性格にもよるものなので、借金癖を治すことは難しいでしょう。

さらに、借金に借金をかさね、返済の目途もたたず、また知り合いを頼ってお金を借りようとする傾向にあります。

このような人がよく口にする言葉が、「今回で終わりにするから貸して」、「絶対に返すから貸して」といった言葉です。

そして、低姿勢で何度もお願いするのです。

このような人は、借金を繰り返す傾向にあるので、ひとたび「返すって言っているし・・・」と思い、お金を貸そうものなら、お金が返ってこないどころか、繰り返し、お金を貸すようお願いされることになるので、気をつけましょう。

【貸したお金、いくらなら諦められる?】

Sponsered Link

貸したお金が戻ってこない・・・なんて声もよく聞かれることです。

あなたは、いくらなら諦められますか? みんなの声をまとめてみました。

・100円未満
・100円以上300円未満
・500円以上1,000円未満

ひとによって金額はさまざまですが、ジュースを購入したり、ちょっとしたものを購入するときに、手元に小銭がなく、借りるくらいの金額であるようです。

個人的には、数百円貸したのを友達が返し忘れている、くらいなら諦められます。

【あなたは、借金の申し出を断った後の、友人関係上手くできますか?】

お金の貸し借りで、せっかくの友人関係が壊れてしまうのは、悲しいですよね。

トラブルに発展する前に、上手に借金の申し出を断る言い方をご紹介します。

1. 「自分も経済的に苦しいので貸せない」
2. 「親からお金の貸し借りはするなと言われている」
3. 「妻/夫が家計を管理しているので無理」
4. 「友人関係を壊したくないから、お金の貸し借りはできない」
5. 「身内から借りてみたらどう?」

【まとめ】

借金は、その手軽さから、繰り返してしまう傾向にあります。

1度だけ・・・と思ってお金を貸してしまうと、その後も借金を繰り返し、友人との思わぬトラブルにも発展しかねません。

最初に、お金の貸し借りはきっぱりと断っておくということも、友人のためにも必要なことかもしれません。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>