半端じゃない!?オレイン酸の効果が万能すぎる

Sponsered Link



オレイン酸とは、オリーブオイル、キャノーラ油、ナッツ類などに多く含まれる、不飽和脂肪酸を代表とする脂肪酸です。

不飽和脂肪酸の中でも最も酸化されにくいと言われています。

このため、人の体内で活性酸素と結びついて過酸化脂質を作りにくくする。

動脈硬化、高血圧、心疾患などの生活習慣病を予防し、そして改善するとして見直されています。

オレイン酸の働き

Sponsered Link

・過酸化脂質の発生が少ないため、DNAの損傷が少なくなる。
発ガンを抑制。生活習慣病の予防と改善。

・悪玉のコレステロールを減らしてくれ、善玉は減らさない。

・胃酸の分泌が少なくなるため、胃もたれや胸焼けすることが少なくなる。
胃酸過多症胃炎や胃潰瘍などの予防、改善ができる。

・排泄物を柔らかくしてくれて便秘の予防にも繋がる。

万能すぎるオレイン酸です。

美容と健康を気にかけている方は、もっと効果を知りたいですよね!

アンチエイジング効果がすごい

アンチエイジング(加齢による身体機能の老化を軽減する) オレイン酸には、アンチエイジング効果もありました!

普通の油は酸化しやすいのですが、オレイン酸は酸化しにくいのです。

なのでコレステロール値を抑える力があります。

動脈硬化、生活習慣病など予防してくれます。

健康面に気をつけている方には嬉しいですね。

デトックス効果もあるので、体内にある毒物など不必要なものを排出する力もあります。

ニキビや吹き出物のケアもできます。

オレイン酸を含む美容オイル

・オリーブオイル
・椿オイル
・ホホバオイル
・マカデミアナッツオイル
・ヘーゼルナッツオイル
・スイートアーモンドオイル
・アボカドオイル

など

オリーブオイル…デトックス効果
椿オイル…髪のお手入れ
ホホバオイル…肌を保湿てくれる
マカデミアナッツオイル…胃腸の働きを良くします
ヘーゼルナッツオイル…皮膚に栄養を与え再生する
スイートアーモンドオイル…シミの発生を抑制する
アボカドオイル…便秘の改善

このように素晴らしい効果がみられます。

(参考にしたいオイルサイト : PRIMAVERA )

オレイン酸は簡単に摂れる

美容と健康に効果的なオレイン酸を摂取するには、どのような食べ物がいいのでしょう。

摂取の仕方とは?

オレイン酸を含む食材
オリーブオイル /ひまわり油 / キャノーラ油 / 
牛脂 / 豚脂 / メカジキ / ししゃも / うなぎ /
牛ひき肉 / 生ハム / アボカド / ナッツ類 /
枝豆 / ピーマン / とうもろこし / 高野豆腐 /

などに多く含まれています。

オレイン酸は脂質なので摂りすぎにには注意しましょう。

吸収が早い食材を積極的に食べましょう。

アボカド…スライスしてわさび醤油で食べると絶品!
アーモンド…小腹が空いたら時に!
オリーブオイル…ダイエット効果も!

オレイン酸には驚きの効果がたくさんあります。

美容と健康どちらにも効果があるので嬉しいですね。

普段から生活習慣病などの予防に努めましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>