知らないとまずい!?豊かな老後の為に資金はいくら必要か?

Sponsered Link



老後のお金って本当はいくら必要なの?

年金って本当にもらえるの?

まだ先のことだけに、心配で不安なのが「老後のお金」。

よく「3000万円」とか「1億円」は準備が必要とか、言っているのを聞いたりしますが、ホントにそんなにたくさん必要なの?って思いませんか?

実際にはいくら位必要なのでしょうか?

Sponsered Link

まず、老後の資金を考える前に、リタイア後の送りたい生活を具体的にイメージする事が大切だと思います。

生命保険文化センターが行った「生活保障に関する調書」(平成28年度)によると、豊かでゆとりある生活を送りたい場合は、
毎月34.9万、(約35万円)の生活費が必要だと言われています。

ある程度堅実で、たまにちょっとの贅沢ができればいい控えめな生活なら、毎月25万円位の生活費で夫婦2人なら普通の暮らしができます。

例えば65才~90歳の25年間にかかる生活費を計算すると

月35万円で豊かな生活には
月35万×12か月=420万円
420万×25年=1億500万円!

月25万円で生活は、1年で300万かかるので、25年で7500万円が必要。

リタイア後もゆとりある暮らしをするには、夫婦でもらえる年金受給額にもよりますが、65才までに約1億位の準備が必要となります。

普通の暮らしでも7000万円位は用意しておかないといけません。

ですので、大切なのは「自身がどんな暮らしを送りたいのか」を考えて、ここから老後にかかる生活費を把握しておかなければなりません。

今のうちに毎月の支出がどのくらいあるのか、しっかりと把握しておいた方がよさそうです。

支出が多いようであれば見直して、少しでも貯蓄にまわせるように心がけたいですね!

豊かな老後のためには資金はいくらいるのか?

普通の暮らしでも7500万円が必要で、これを貯めるのは気が遠くなる話です。

筆者は退職金が出ないので、そんな大金を60歳までに貯蓄できるか、めまいがしてきます。

心してかからねば孫にお年玉もあげられなくなりますね。

まず、今やるべき事は、公的年金と退職金、企業年金がいくらもらえるのかを調べて把握する必要があると思います。

退職金や年金の他に貯蓄する金額が分かれば、単純に不足分を貯蓄すればいいわけですよね。

ねんきん定期便を見ている人は金額が記載されています。

「年金ってホントにもらえるのか、わからないんじゃ?」と思っているかもしれません。

でも、年金制度はすぐに破たんしたりしません。

今後、支給開始年齢が引き上げられたり、支給額が減ったとしても0円にはなりませんし、少なくとも今の40代~50代の方が65歳になったときに、年金制度が破たんして0円になった。
ということは考えにくいです。

まずは貰える年金を確認して
老後資金が自分の場合どれくらい必要かを調べましょう。

公的年金は、ねんきんネットで
いくらもらえるのかシミュレーションもできます。

退職金などの金額は、勤め先に聞いてみると良いと思います。

貯蓄する際は万が一に備えて不足分+αの準備が必要かと思います。

例えば、公的年金で5000万円もらえるとして、退職金が2500万円もらえると知ったら、すごい!必要な老後資金7500万円が準備することができますので、普通の暮らしはできるようになります。

将来、医療にかかる可能性も入れて、あと少し貯蓄すれば大丈夫そうですね。

とはいえ、退職金2500万円なんて金額、今の若い世代には、夢のような話です。

筆者もですが、今どきの子育て世代は、退職金がでない人も多いのではないかとおもいます。

では、どうしたら退職金で補填できない2500万円をどう補えばよいのか・・。

・できるだけ長く働く
・支出を見直す
・資産を保有しているなら有効に活用する

退職金が出ないなら、少しでも長く働く必要があります。

高齢者も年々健康寿命が延びていますので働けないこともない。

総務省によると、高齢者の就業者数は増加し続けていて、雇用保険の見直しで65才以上も雇用保険に加入できるようになりました。

雇用保険に加入した65才以上の人が失業しても、基本手当の給付日数は50日あり、例えば、平均13万円前後、勤続1年以上5年未満で、自己都合退社の場合は約17万円支給されます。

なるほど、なんだか少しほっとしませんか?

それでも少しでも貯金は準備したいですよね!

今からやっておくべきなのは、上手に貯蓄することだと思います。

検証してみた!豊かな老後に必要な資金!

老後の生活費と老後の収入がわかったら、あとは不足分のお金を少しでも多く貯めたいわけですが、定額貯金などコツコツ貯める方法もありますが、ちょっとお得に貯蓄ができる方法もあります。

筆者がおススメする貯蓄方法は、

・確定拠出年金
・財形年金貯蓄
・小規模企業共済

確定拠出年金は、企業年金の類で、自分で年金資金の運用を行う制度です。

会社が出すお金「企業型」と個人のお金を運用する「個人型」の2つがあります。

自ら金融商品をえらび、老後資金を作る制度です。

投資信託など価格変動するものだけでなく、貯金や、元本保証型の商品も利用できるので、詳しい知識がなくても運用できるのがメリットです。

掛け金も運用で得た利子すべて所得税から全額控除となり、課税されません。

財形年金貯金は、勤め先経由で元本550万円まで貯蓄ができ、利子が非課税になります。

小規模企業共済とは、自営業の方が退職金代わりにお金を受け取ることができる制度です。

月1万円~7万円の掛け金を自由に選ぶことができます

そして、掛け金は金額所得から控除されるので、節税にもなるのです。

掛け金は、月払いの他に、半年払いや年払いもできて前納すると割引が受けられます。

このように今から少額でも賢く貯蓄しておけば、老後の生活に不安を抱かないで良いのではないかと思います。

ですので、老後のお金を貯め始める時は「気付いた時」なんですね。

老後の心配をしないためには、

1・老後に毎月かかる費用をイメージして計算する。
2・公的年金、退職金など、今現在いくら収入があるのかを確認する。
3・老後の資金が不足しているなら
確定拠出年金、財形年金貯金、小規模企業共済など
賢く貯蓄できるものを利用してお金を貯めるのがおすすめです。

まとめ

あらゆる保険の見直しをしてみたら3万円削ることができたので、美味しいものを、ではなくしっかり貯蓄にまわすことにしました。

でも、老後にパートにでるのもいいかなと思っています。

息抜きとおしゃべり相手ができるので、楽しく稼げそうじゃないですか?

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>