手袋ってサイズがあるの!?正しいジュニアサイズの選び方

Sponsered Link



寒くなってきたとき、
かわいい子供の手がかじかんでしまわないようにと、
子供の防寒対策として手袋を買ってあげようと考える親御さんは
多いと思います(*^^*)

大人と違って子供の手は年齢によって大きく変わるので、
よく見ないで買ったら小さくて入らなかったり、
大きすぎて不便だったりと、なかなかサイズ選びが
難しいものだったりしますよね。

特にネットで購入するとなると、
お気に入りのものを見つけても、
実際に見たり着けてみることができないと、
購入を断念せざるをえなくもなってしまいます…(*_ _)

そこで、ネット購入などの時に役立つ、
ジュニア用の手袋のサイズ表記や見方について、
調べてまとめました(*^^)v

目安となる年齢と手袋のサイズ

Sponsered Link

ジュニア用手袋のサイズは、商品によって表記が異なります。

目安となる年齢で表記されているものや、
洋服などと同じように身長のサイズを表記しているもの、
ジュニアサイズの中でS/M/Lと区別して
表記されているものなどです(゜_゜)

そこで、年齢を目安として
それぞれの表記がどのくらいのサイズとなっているのか
示してみます(=゚ω゚)ノ

5~6歳:身長100㎝:SSサイズ
7~8歳:身長110~120cm:Sサイズ
9~10歳:身長130~140cm:Mサイズ
11~12歳:身長150~160cm:Lサイズ

あくまでも目安ですが、
こちらを参考に選んでみれば
大きく失敗することはないはずです!

ジュニア手袋も大は小を兼ねる!?

サイズ表記だけで判断して購入しようとすると、
ぴったりのサイズにするかちょっと大きめを選ぶか
迷うことがあると思います(;´∀`)

そういうときは迷わず大きめを選びましょう!
サイズが小さいとその時はギリギリ手が入っても、
来シーズンには確実にはめることができなくなってしまいます…(~_~;)

大きめを選べば、子供の手は大きくなっていくので
最初はサイズが合わなくても
成長するにつれてサイズが合ってきます( ^ω^ )

とにかく手が入れば、
多少ブカブカでも防寒の役割は果たせますしね(^-^;
まさに「大は小を兼ねる」ですよ!

まとめ

ジュニア用の手袋のサイズについて調べてきました☆

紹介したサイズはあくまで目安です!
子供によっては身長の割に手が大きい子や、
年齢の割に身長が大きい子など様々ですので
お子さんの特徴をよーく把握した上で選びましょう!

手袋によっては、伸びる毛糸素材で作られているものなどは、
サイズフリーで長期間使えるものもあるみたいなので、
不安ならそういった商品を選ぶのも手ですね!(*^^*)

あとは、手袋はとてもなくしやすいアイテムなので
片方だけなくして切ない思いをすることもしばしばです(;’∀’)

なので、お子さんに手袋を外したら必ずコートのポケットに
しまうことや、左右の手袋を対にして丸くまとめるテクなどを
教えておくと切ないトラブルも多少は
防げるのではないでしょうか!?

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>