日陰だからって安心してませんか!?日陰でも日焼けはする??

Sponsered Link



夏場になると日焼けって気になりますよね…!

肌が黒くなったり染みが出来るだけに留まらず、

中には肌が赤くなってヒリヒリしてしまう方も…。

因みにわたしは毎年夏場になると日焼けのせいで、

お風呂に入る時はほぼ毎回悲鳴をあげてます^^;

それでも日焼け止めクリームを塗ったり、

日陰になるべくいたりなどなど対策はしているのですが…。

どうにも調べたところ、日陰にいても日焼けはするそうなんです!?

どおりで「今日は曇りだから日焼け止めクリームは塗らなくていいや」

と、塗らなかった時ばかり肌がヒリヒリすると思ってました^^;

しかし、一体どうして日陰にいても

日焼けをしてしまうのでしょうか?

何とも危機感を感じたので、色々と調べてみました^^;

日陰でも日焼けをする理由とは

Sponsered Link

日陰にいたり曇の日に外出したりしても日焼けをする…

その原因は「紫外線」にありました!

よくCMやテレビなどでも、

日焼けは紫外線が原因って言葉を聞きますよね?

実は紫外線は晴れの日でなくても

常に降り注いでいるそうなんです…!?

調べたところ、紫外線が降り注いでいる割合が

晴れの日だと10割だとして、曇りは6割

雨の日でさえ3割は降っているのだとか…。

つまり曇の日に何も対策をせず外へ出ると、

晴れの日の紫外線の約半分以上を

体に受けている訳です…。

これは日焼けをしてしまいますね^^;

そして、日陰にいても日焼けをしてしまうのは、

例え日陰にいても紫外線という物質自体は

妨げられていないからなんです!

また、紫外線はとにかく反射をしやすく

服や帽子などでバッチリガードをしていても、

内側に飛び込んでしまうそうです…。

これじゃあ確かに日陰にいても全く意味が無いですね^^;

しかし、帽子や長袖を着ていたとしても

日焼けをしてしまうという事は、

対策は一体どうすればいいのでしょうか?

日向日陰に関係なく日焼けをしないようにするオススメの対策は!?

どうやら調べたところ、日焼け止めクリームを塗る以外

対策が無いみたいです^^;

例え日傘や帽子などで紫外線を防いでいるつもりでも、

先ほど説明した通り実際は殆ど防げていないようです…。

夏場だけに留まらず、夏前や夏後は紫外線が

まだまだ多く降り注いでいるため

しっかりと日焼け止めクリームを塗りましょう!

また、例え日焼けをしてしまっても保湿をしっかりすることによって

肌が健康になり、小麦肌を白い肌に戻すのが促進されます。

なるほど、事前予防も大切ですが

日焼けしてしまった後の対策も大事なんですね!

まとめ

夏場はいつでも日焼け止めクリーム!

とにかく、外出の際は

必ず日焼け止めクリームを塗るのが大事ですね。

また、日焼け止めクリームも

自分に合った物を選びましょうね!

これからはお風呂の時に

悲鳴をあげなくてもすみそうです^^;

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>