実はユルかった!?クラシックコンサートの正しい正装とは?

Sponsered Link



クラシックコンサートはお好きですか??

私はちょっと敷居が高いような感じで

なかなか足を踏み入れられないコンサートの一つです(笑)

チケットの値段も高いイメージもありますし、

小さい子供がいる私にとっては行く機会がないのもあります。

しかし、もし何かのご縁でチケットを貰うことがあったとき

服装に困ることは目に見えています(;・∀・)

なので今回は行く時の為に前もって

服装について調べてみたいと思います!!

意外にもカジュアルでOK

Sponsered Link

調べてみると、「えっ!それでいいの?」なんて思うことが

いくつもありました。

クラシックコンサートのイメージとしてきちっとした服装で

行かなきゃいけないイメージには私にはありました。

実際に行くことになったらそんな服は持っていないので、

まず買うところから入るとなると行かなくてもいいかなと

思ってしまうと思います(笑)

まず、クラシックコンサートにドレスコードはないということです。

スーツでもジーンズでも、自分の着たい好きな格好でOK!

せっかく音楽を聴きに行くのですからリラックスできる服装が一番

かなと思います。

まぁだからといってスウェットで行く訳には行かないですけどね(笑)

ただ、コンサートの内容などによってドレスコードの指定がある

コンサートもあるみたいなので、念のため確認した方がいいかも

しれませんね。

でもやっぱり周りの目が気になるという方はチケットの金額を目安に

するのもいいそうですよ。

5000円以内  少々カジュアルでOK

1万円位  少しだけ背伸びをしておしゃれを

2~3万円  フォーマルに。

決めすぎは逆にNG

私的には決めすぎの度合いがよくわかりませんが、

決めすぎの感覚は人それぞれですよね。

ただ派手すぎたりセクシーすぎるとそれを「下品」と

取られてしまうことがあります。

ですがそこより一番気を付けて欲しいところがあります。

「音の出るファッションはNG!!」

ちょっとした咳払いもはばかられるほど音が響くんだそうです。

下駄やミュールといった履物以外に、アクセサリーがこすれる時に

チャラチャラという音や、身体を動かした時にカサカサ音がする

ような洋服は避けた方がいいですね。

調べていくうちにちょっと行きたくなってきた!!

が、私が住んでいる所にはそういった場所がない・・・(笑)

もし!行く機会があれば怖気づかず積極的に行ってみたいと思います!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>