燃えるゴミじゃダメだよね?!だるまはどこに返すのが適切なのか?

Sponsered Link



縁起物のだるまを買って、その後はどうしていいのかが、

わからない人も多いと思います。

どこに返すのか、ご利益はどれくらいの期間なのか。

色もいろいろあるし…

そんな方のために、ここではだるまについてご紹介します。

だるまはどこに返すのが一般的?

Sponsered Link

だるまを返すというのは、『供養』ということになりますが、

だるまは買った『だるま市』の寺に納めるのが一般的です。

ですが、遠方で行けない場合は、

郵送も受付してくれるところもありますので、

一度連絡を入れて聞いてみると良いです。

だるま市のない寺でも納め所があれば、

大丈夫なところもあります。

だるまは、仏教僧侶の達磨大師が由来ですので、

神社は避けます

それと、地域にもよりますが『どんど焼き』で供養出来る場合もあります。

ですが、『目が潰れるからいけない』という説もあり、

だるまの持ち込みを禁止している『どんど焼き』もありますので、

確認が必要です。

だるまは買った時にだるまの『左目(向かって右側)』に

願いを込めて目を入れます。

そして、願いが叶った時は、『右目(向かって左側)』に

感謝を込めて入れます。

これは、『阿吽(あうん)』という言葉からきていて、

だるまの左目は『阿(あ)』で物事の始まりを表し、

右目は『吽(うん)』で物事の終わりを表しているためです。

そんなだるまのご利益は1年間と言われています。

願い事が叶わなかったとしても、1年間の区切りとして

『感謝』を込めて、右目を入れてから供養します。

願い事が叶った場合は、

『翌年に一回り大きいものを買う説』や、

『同じサイズのものを買う説』

『古いだるまは縁起が良く、供養せずに取っておいて新しいだるまと並べる説』

などがありますので、自身の好みで選んで良さそうです。

『阿吽(あうん)』の阿が物事の始まりで

吽が物事の終わりっていうのは、五十音順なのですかね?

『あ』から始まって、『ん』で終わりですからね。

供養のためにお返しをするのであれば、

買っただるま市のお寺が1番良さそうです。

だるまどこに返すかで意味が違う??

だるまを返す場所で意味が違うという事はありません。

返す場所にはいくつかありますので、

きちんとそこで供養をしてもらう事が大切です。

『供養をする場所』

①お寺

だるま供養をやっているお寺へ持って行き、

供養をしてもらいます。

お寺によって、供養を行なっていないところもありますので、

事前に確認をしましょう。

②どんど焼き

どんど焼きで供養・処分をします。

どんど焼きは、神社や町内会などで行われる地域がありますが、

地域によってはだるまを燃やすと、目が潰れることから

燃やしてはいけないという考えがあり、

持ち込めないところもあるので確認が必要です。

③だるま市

だるま市は、お寺の境内で催されることが多く、

その際にだるまを供養してもらいます。

場所によっては供養を受け付けている、いないがあるので

確認が必要です。

④人形供養

人形供養祭では、だるまも供養してくれるところもあります。

人形供養を行なっているところがあれば、聞いてみましょう。

返す場所によって意味の違いはありませんが、

だるまの色にはいろいろと意味があります。

『だるまの色の意味』

赤…家内安全・開運吉祥

 

黄…金運や幸運上昇・夢の実現

 

緑…身体健勝・才能開花

 

黄緑…無病息災・精神安定

 

橙…子宝成就・災難除け

 

桃…恋愛成就・愛情運上昇

 

紫…健康長寿・品格

 

金…金運向上・仕事運上昇

 

銀…自己実現・安産吉祥

 

黒…商売繁盛・事業繁栄

 

白…受験合格・目標達成

 

青…学業向上・才能向上

色にはこんなに種類があるのですね!?

そして、意味もそれぞれ違います。

自身の願い事に合わせて買いたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

だるまの供養をお願いする際は、

どこへお願いするにしても、

一度確認をしておいた方がいいです。

色にも意味がありますので、ご自分の願い事に合わせて購入し、

願いを込めて左目を入れましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>