超便利!電気ケトルで温度設定のできるモデルが抜群に使える!

Sponsered Link



皆さんは電気ケトルをお使いですか(・・?

電気ケトルは電気でお湯を沸かす家電。

ガスコンロとヤカンがあればなくても困らない家電ですが、

ガスで沸かすよりも短時間で沸かすことができるので、

忙しい朝などには便利な家電です(*^-^*)

日本では、電気ケトルよりも

保温効果のある電気ポットの方が親しまれていましたが、

省エネの観点から多めに沸かして保温するより

使う分だけ沸かすという考え方が定着し、

電気ケトルを使用する人が増えてきています( ^ω^ )

そのため、今まではティファールなどの海外メーカーが主流でしたが、

国内メーカーの製品も多く見られるようになってきました。

そこで、現在様々な進化を遂げている電気ケトルについて調べてみました♪

従来の電気ケトル 

Sponsered Link

電気ケトルは、基本的にはお湯を沸かすだけの単機能家電です!

ケトル本体に水を入れてスイッチを入れれば、

短時間でお湯を沸騰させることができ、

沸騰したら自動で電源offになること、

ガスで沸かした場合と違ってケトル底面は熱くならないので

そのまま食卓に持っていける、など便利さと安全さが魅力♪

単機能ゆえにデザインが豊富なので

キッチンのアクセントとして選ぶのが楽しい家電でもあります!

特に、主流である海外製品は

オシャレなフォルムや材質、色など本当にたくさんあって

選ぶのに迷ってしまいます(*^_^*)

しかしシンプルな機能のため、

沸かせる温度は基本100℃のみで、

沸かし終えたらケトルとしての機能は終了。

保温機能などもないのが従来は普通でした・・・

温度設定のできる新型のモデル 

しかし最近の電気ケトルは

様々な機能を持ち合わせるようになってきており、

湯こぼれ防止機能保温機能蒸気レス機能温度設定機能など、

より便利で使いやすくなってきているのです!

中でも温度設定機能は、最近の電気ケトルのトレンドだそうですよ~(^▽^)

今まで電気ポットでしかできなかった温度設定が電気ケトルでできたら、

それはもう便利というより他ないですね!

温度設定の魅力は、緑茶、紅茶、コーヒーなど、

飲み物に適した温度で沸かせることや、

赤ちゃんのミルク作りにも使えることです(*^-^*)

設定できる温度は製品によって様々ですが

60℃前後~100℃の間で何段階かでの設定が可能なものが多いようですね。

今はウォーターサーバーや浄水器などを使う人が多いので、

煮沸の必要がなくなったことも

こうした電気ケトルが人気となる理由のひとつと言えるかもしれません。

電気ケトルの老舗であるティファールや、

コンパクトでお手頃価格が人気のレコルト

ドイツのメーカーであるリッターなどから

温度設定機能を備えた新機種が発売されています(^^♪

まとめ

進化を遂げている電気ケトル、

調べてみるとオシャレなデザインや、

あるとうれしい機能がついたものなど沢山あって、

思わず欲しくなってしまいました(*^-^*)

温度設定機能も便利ですが、私が今欲しい機能は保温機能ですね!

お湯を使いたいからと電気ケトルで沸かしておいて

いざ使おうと思ったら冷めてしまってまた沸かし直す…

ということが結構あるので・・・(;^ω^)

調べてみてわかったことは、

便利な機能も製品によって様々ということ!

購入するときは、製品それぞれの機能や特徴をよく調べて、

自分の使い方に適した製品を選びましょう(*´ω`*)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>