メンズ用マフラーの手編み!気を付けたい毛糸や長さ・幅のポイント

Sponsered Link



一度はマフラーをプレゼントに編んでみたいと

考えた事のある人は、きっと多いはずです。

最近では、男性の方でも編み物をする方が増えているので、

こういう言い方は適切ではないかも知れませんが

「女性なら誰しも一度は考えたことのある手編みマフラー」です。

手編みマフラーを作って、

成功した人・失敗した人がいると思いますが、

ここではマフラーを手編みして失敗したエピソードと

手編みマフラーをあげるなら気をつけるポイントをご紹介します。

手編みマフラーで気を付けたい毛糸や長さ・幅のポイント

Sponsered Link

ポイント①

【毛糸選び】

マフラーは顔や首など、肌に直接触れるものなので、巻き心地がいいものを最優先で考えます。

○チクチクしない毛糸

『新世代アクリル・エブリディ』

アクリル100%ですが、高級感のあるツヤでとてもソフトです。

毛糸が毛羽立っていないのでツルンとした感触です。

ポイント②

【サイズ】

○一般的なマフラーの長さ

一重巻きなら150~170㎝

二重巻きなら200㎝

が目安とされています。

○一般的なマフラーの幅

幅は17㎝前後です。

二つ折りにして使うのであれば、20㎝以上でも大丈夫です。

ポイント③

【編む時の注意点】

1.手芸屋さんに置いてある「手作りマフラー」を実際に触ってみて、

 その感触を覚えてから編むと固くなり過ぎることもなく、

 ごわついた感じにもなりません。

2.編み上がったあと、クリーニングに出すか手洗いすると、

 編み目が落ち着き仕上がりも良くなります。

*その際、毛糸に付いている選択表示マークを確認しましょう。

3.毛糸の色や編み方は、普段の彼のファッションを

 参考にして選ぶといいです。

毛糸に限らず、直接肌に触れる布でチクチクする時もあります。

毛糸を選ぶ際に、少し自分の肌に当ててみるのもいいですね。

マフラーを手編みして失敗したエピソード5選

私は手編みマフラーを作ってみたいと思った事はあったのですが、

実行に移せなかったので失敗したエピソードもなければ、

もちろん成功したエピソードもありません。

ですので、投稿されていた方の失敗したエピソードを

ご紹介します。

○エピソード①

学生時代のお金に余裕がなかった頃、

彼にクリスマスプレゼントとして手編みのマフラーを作りました。

その場でラッピングを開けた彼は、手作りなのがわかったようで

「ありがとう」と言ってくれました。

その後、マフラーを使ってくれたのは次に会った時だけでしたが、

大事にとってくれていて今は我が家のタンスの

引き出しに入っています。

失敗エピソードとして載っていましたが、

1回しか使ってくれなかったとしても、大事にとっていてくれて、

しかも「我が家のタンス」と言う事は、ご結婚されたのですね。

素敵なエピソードです。

○エピソード②

彼が通勤中に手が寒いと言っていたので、

手編みの手袋とマフラーを作ろうと思いつきました。

2ヶ月かけて作った手袋とマフラーは、

毛糸が飛び出したり毛糸が伸びている箇所があり

不恰好なものに仕上がりました。

せっかく作ったので、気持ちだけでも伝えようと渡したところ、

『不器用だね。」と笑われました。

数日は使ってくれましたが、マフラーは自然とホコリをかぶり、

手袋は外の作業時の軍手の役割を果たしました。

○エピソード③

彼の誕生日に手編みでマフラーをプレゼントしました。

右も左もわからないまま、一から勉強して頑張って

作ったものです。

しかし、実際にプレゼントを渡してみると

「凄く嬉しいけど、マフラー以外の物が良かったな」

と言われてしまいました。

手編みだからなのか、マフラーそのものが嫌だったのか、

確認していないので彼の真意はわかりません。

○エピソード④

編み物の腕には自信があったので、

手編みのマフラーをプレゼントしたけれど、

毛糸が彼の肌に合わなかったようでつけてもらえず…。

無理して手編みするよりも、既製品を買う方が

デザインも品質も良かったなぁと後悔しました。

○エピソード⑤

過去に一度だけ、手編みのマフラーを当時の彼氏に贈った。

それなりにいい毛糸で編んだ。

渡した結果、惨敗。

まず、色が好みじゃないって。

次にお母さんに見せたら、ここの編み目が間違ってるって

言われて恥ずかしいって。

渡しながら『失敗しちゃったかも」と恥じらって見せた時には

「いいよ。手作りって感じで嬉しい」って笑顔を見せてたのに、

完全に恥かいたって表情だった。

で、最後に飲み会でマフラーを自慢してきたって聞いた。

みんな超羨ましがってたって。

次は失敗しないように頑張れって言葉をいただいた。

次はマフラーを編むのを失敗しないように頑張れじゃなくって、

男選びを失敗しないように頑張れって意味だったのかな。

世の中の男性は、手編みは「重い」と言う人が多いかも知れませんが、

作っている女性の姿を少しでも想像出来たら、

酷い事をいったりしたりする事もないと思うんですが…

贈る相手の性格や価値観にもよりますね。

ですが、「重い」と拒否する男性ばかりではありません。

こんなデータもあります。↓↓↓

https://matome.naver.jp/m/odai/2147490065912321501

まとめ

いかがでしたか?

今回は失敗エピソードをご紹介しましたが、

必ずしも男性が引くとは限りません。

彼の性格や好みを知って、

ぜひ触り心地のいい毛糸でチャレンジしてみて下さい。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>