奇跡の塩と呼ばれる沖縄の塩「ぬちまーす」が話題!

Sponsered Link



今、女優さんや有名人に人気の塩、ぬちまーす

健康や美容に効果がある沖縄の塩で
食べたりスキンケアに使ったりできるミネラルたっぷりの塩です。

普通の塩と製造方法も違って、栄養成分もかなり優秀な塩で、
健康を気にしている人にはとても興味深い塩ですね。

※クリックで楽天市場に飛びます

栄養価抜群の海塩

ぬちまーすは天然ミネラルを14種類含んでいる塩として、
ギネスに2000年に登録されましたが、
さらに2003年にミネラルの数を増やし、ギネスを更新しています。

ぬちまーすは他の塩よりも塩分が低く、カロリーも低いです。
そして、毎日の食事でミネラルをバランスよくとることができるのです。

塩はナトリウムでそこにマグネシウム、カリウムなどが混じっているのですが、
ぬちまーすはそれ以外に、
亜鉛・鉄・銅・マンガン・ホウ素・フッ素・クロム・ニッケルなど
21種類のミネラルが含まれている栄養成分豊富な塩なんですね。

骨の形成にも関係するマグネシウムは
普通の塩の200倍と言われているので、すごいですよね!

塩は高血圧の人にはよくないので、
塩分を控えるように言われますが、
このぬちまーすは体内の余分な塩分を排出するカリウムを多く含んでいるので、
食べながらでも、塩分を排出することができます。

高血圧の人も安心して食べられますね!
カリウムで余分な物を排出してくれるので、
デトックス効果があり、そのため美容にもいいと言われているのですね。

ぬちまーすの意味とは

Sponsered Link

この沖縄で取れるぬちまーすという名の塩は
「命の塩」という意味があるそうです。

塩は生活習慣病の元凶ともいわれることもありますが、
この塩は製法が違うのでミネラルが豊富に含まれていて、
健康にいい塩と言われています。

海水をくみ上げる場所にもこだわりがあり、
沖縄本島の近く、宮城島周辺の海洋成分がたくさんある海水を使用しています。
普通の塩の製造は、釜焼きや天日乾燥という方法で作られますが、
ぬちまーすは常温瞬間空中結晶製塩法という方法で作られています。

ビニールハウスの中で海水を細かい霧状にして強い風を送り、
粉雪のような細かい粒子の塩を取りだすのです。

まとめ

ぬちまーすは毎日の食事に使うだけでなく、
コップ一杯のお湯に1g溶かしてお風呂の前後に飲むと
血液の循環が良くなって、体温が上昇します

殺菌効果もあるので、入浴剤として使うこともでき、
お肌もスベスベになることが期待できて冷え性の方にもいいでしょう。

なんでも過剰に摂取するのはよくないですが、
毎日使うもので健康になるのであれば、使ってみたいですよね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>