捨てるのはもったいない!昔のハガキって使える?

Sponsered Link



お気に入りの絵や写真や珍しいデザインのハガキを

使わずにずっととっておいたけど、

もういらなくなってしまった・・・

でも微妙に古くて使うのを躊躇してしまう

なんてことありませんか?

特にここ何十年かの間で、はがきの料金が変わったり、

郵便番号の桁数が変化したりしたので

「普通に使っていいものか…」とちょっと

悩んでしまいますよね!

もしかして昔の珍しいデザインのハガキなら

使わずにオークションとかに出せば

高値で売れるかも!?なんて考えた方も

いるかもしれませんが、調べたところ

残念ながらそれはほぼ期待できないようです(^^;)

なので、使えるのであれば使うのが一番なのですが、

果たして普通に使えるのかどうなのか・・・?

調べてみました☆

郵便番号3ケタ時代のハガキって使える!?

Sponsered Link

郵便番号って昔は3ケタでしたよね!?

私はうっすら3ケタ時代を憶えている世代です(*^^*)

平成10年から郵便番号は7ケタとなり現在に至っています。

7ケタになった理由は、それまで人の手で

仕分けしていた郵便物を機械で仕分けるようするため

7ケタとなったということです。

途中5ケタも経験したような記憶があるのですが、

5ケタ時代については調べても出てきませんでした。

7ケタになる前は地域によって3ケタ地域と

5ケタ地域に分かれていたということなんですが…

私はどうだったか記憶が定かではありません(笑)

とにかく現在は郵便番号が7ケタなので

7つの数字を書く欄がハガキにはあるのですが、

3つの欄しか存在しない昔の3ケタ時代のハガキを

使っても差支えないのでしょうか・・・?

答えは「差支えなし!」です(^^♪

郵便番号は最悪書かなくても、住所がしっかり

書いてあれば郵便物は届きますので大丈夫なのです(*^^)v

でも仕分けをスムーズにするために

書くべきものではあるので、欄はなくても

3ケタの隣に残りの4ケタを書き入れるといいでしょう。

5ケタのハガキの場合も同じです!

ただし注意してほしいのは、当然昔とは

ハガキの料金が違っていますので、

不足分の切手を必ず貼って投函するようにしましょう!

50円時代のハガキって使える!?

現在ハガキの料金は最近になって

また52円から62円に値上がりしましたよね!

50円時代が結構長かったので

まだ残っているという人も結構いるでしょう。

50円時代のハガキも不足分の12円分の切手を貼れば

普通に使うことができます。

50円の前は40円・41円時代がありましたが

それも同様に不足分を貼れば使用可能だそうです!

切手は郵便局までいかなくても

コンビニでも売られていますので、

不足分の切手をいくつかまとめて買っておくと

便利です(*^^*)

まとめ

昔のハガキは、不足分の切手を貼って

料金さえきちんとしていれば

今でも問題なく使えます(*^^)v

不足すると受け取り手の方に料金を

支払ってもらうことになってしまうので

注意してくださいね!

「あまりに古いハガキだと受け取る方が

失礼に感じるのでは…?」と心配する声も

多くありましたが「むしろ懐かしさを感じられて

いいのでは?」という意見が結構ありました!

確かにそうですよね~(^^)

もし私のもとに昔のハガキでのお便りが届いたら、

きっと珍しくて印象に残ると思います(*^^*)

見た瞬間「おぉ!?」とビックリはすると思います(笑)

届いたハガキについて相手の方と話すときに

話のネタになっていいかもしれませんしね!

もし使う当てのない懐かしいハガキがお家にあったら、

それを機に懐かしい人にハガキを出してみたりしては

いかがでしょうか(*^^*)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>