何がホワイトなんだ?!ホワイトデーのホワイトの意味とは?

Sponsered Link



バレンタインデーは日頃の感謝を伝えたり、

自分の気持ちを伝える人が多いと思います。

その後、バレンタインデーの後は、ホワイトデーがやってきます。

面倒だと思ったり。

期待したり。

ドキドキしたり。

イベントが続く2月・3月は忙しいですね。

そんな3月にやってくる『ホワイトデー』ですが、

なぜ『ホワイト』なのか疑問に思ったことはありませんか

ここでは、『ホワイトデー』についてご紹介します。

ホワイトデーのホワイトの意味ってなに?

Sponsered Link

『ホワイトデー』は、1978年6月に

バレンタインデーに対応して『全国飴菓子業協同組合」が

『3月14日  ホワイトデーはキャンデーの日』として決定をし、

2年間の準備期間ののち、1980年に『第一回ホワイトデー』が

誕生しました。

その後、バレンタインデーでチョコレートをもらった男性が、

お返しをする日として定着していきます。

欧米では『フラワーデー』や『ポピーデー』などと言い、

「恋人同士が贈り物をし合う日」という習慣があり、

そこに日本的な要素をアレンジしたものが『ホワイトデー』なので、

ホワイトデーの発祥は日本ということになります。

『ホワイト』の意味は、「全国飴菓子業協同組合」が

『ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな愛にぴったり。』

という考え方から『ホワイトデー』となったそうです。

これらは、ホワイトデー公式サイトを参考にしましたが、

ホワイトデーの公式サイトがあることを知りませんでした…

http://www.candy.or.jp/whiteday/index.html

たくさんの人が、たくさん苦労をして

今のホワイトデーを確立したようです。

ぜひ、読んでみて下さい。

ホワイトデーのホワイトの意味は渡すものに関係がある!?

「全国飴菓子業協同組合」が決定したホワイトデーは、

『ホワイトデーはキャンデーの日』なので

『キャンデーの材料の砂糖の色のホワイト』という方もいるようですが、

ホワイトデー公式サイトでは『ホワイトは純潔のシンボル。

ティーンのさわやかな愛にぴったり。』としています。

全国飴菓子業協同組合的には渡すものに関係して、

ホワイトではないようです。

しかし、1969年ごろから全国飴菓子業協同組合が

キャンデーの需要拡大をはかるにはどうすればいいかと、

方法を模索していましが、当時はすでに

メーカーごとに細々とホワイトデーのキャンペーンを

行っているところもあったそうです。

それは、バレンタインデーのお返しに

チョコレートを返そうという程度で、

チョコレート以外にも『マシュマロ』や『クッキー』など

バラバラでした。

なので

『マシュマロの白い色』にちなんで

とも言われています。

この他にも

1973年にエイワが不二家と協力した際、

ホワイトには『幸福を呼ぶ意味がある』

『縁起が良い』などの意味があるとして、

バレンタインデーの1ヶ月後にホワイトデーを設定した。

などがあります。

ホワイトが渡すものに関係があるかどうかは、

ハッキリと明記はされていません。

『ホワイト』の意味から『ホワイトデー』となったようですね。

全国飴菓子業協同組合とエイワと不二家では意味合いが違いますが、

どちらも素敵な理由からホワイトデーとなっています。

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトデーの意味をあまり考えたことがありませんでしたが、

素敵な意味でつけられていたのですね。

意味を知ると、ホワイトデーは

さらに特別で素敵な日として待ち遠しくなりますね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>