シミ対策美白化粧水ランキングBEST10

Sponsered Link



化粧水でシミを消したり、本来の肌以上に白くしたりすることはできません。

あくまでも、「日焼けによるシミを防ぐ」ということです。

美白化粧水は、お肌に美容成分と潤いを与えて、美容液やクリームの浸透をよくする役目があります。

使う化粧水が自分のお肌の悩みにあっているか、確認して使用してください。

サエル ホワイトニングローション クリアリスト

※クリックするとamazonに飛びます

アスタリスト ブライトローション

ラグジュアリーホワイトローションAO Ⅱ

※クリックするとamazonに飛びます

ホワイトニング化粧液 Ⅱ しっとり

※クリックするとamazonに飛びます

QuSomeローション

※クリックするとamazonに飛びます

6位 オルビスユー ホワイトローション

※クリックするとamazonに飛びます

7位 アクアレーベル ホワイトアップローション

※クリックするとamazonに飛びます

8位 美白化粧水W

※クリックするとamazonに飛びます

9位 キュレル 美白化粧水

※クリックするとamazonに飛びます

10位 ソフィーナ ボーテ 美白化粧水 

※クリックするとamazonに飛びます

絶対焼かない!!最新UV情報

紫外線はA波、B波、C波に分けられていて、A波が一番強くなります

A波=波長が長く表皮を通過して真皮まで達します。真皮まで到達したA波は色素沈着を起こし、肌の繊維を傷つけ、潤いや弾力性を奪い、しわやたるみ、肌の老化を起こす原因になります。

B波=真皮までは到達しませんが、表皮で活性酸素を生成して肌が赤くなる炎症を起こし、シミやそばかす、肌の乾燥の原因となります。
長時間浴び続けるとガンの発生の可能性があります

日焼け止め用品に記載されている、SPFとPA

SPFとはB波を防ぐ数値で、数値が高い方が肌の炎症を抑える効果が高いということです。
PAはA波を防ぐ目安で、+が多いほど肌の黒化や弾力を失わせることを防ぎます。

紫外線は夏だけではなく一年中降り注いでいます。

毎日正しく使用して、日焼けやシミを防ぎましょう。

〇〇を食べれば、あなたも美白美人になれる!!

Sponsered Link

シミの原因は、紫外線を体に入れないために、黒い幕でバリアを張るのですが、これがシミの正体で黒い幕になるのがメラニン色素です。

メラニンを産生する細胞をメラノサイトといいます。

このメラノサイトが活性化するのは活性酸素の仕業です。

これを除去する「カタラーゼ」の生成が不可欠です。

生成に必要なのはです。

鉄を十分に摂取して活性酸素を除去していくことが大切です。

できてしまったシミには、ビタミンCが有効で、そしてビタミンEメラニンの生成を抑え、美白をサポートしてくれます。一緒にセットで摂取するのがオススメです。

鉄を摂取するには、赤身肉、カツオ、マグロなどで、ビタミンCは赤ピーマン、ミニトマト、ブロッコリー、ほうれん草などです。

ビタミンCは鉄を吸収する手助けをしてくれるので、一緒に摂るのを意識してください。

まとめ

日傘をさしていても、紫外線を完全に防いでいると言い切れません。

海やスキー場は海面、地面からの反射があるので思っている以上に日焼けしていたってことがあります。

日焼け止めは、できたら2~3時間おきにこまめに塗りなおしましょう。

赤ちゃんや子供用の日焼け止めも売っているので、お子様にも塗ってあげてください。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>