一体何の臭いなの?空気清浄機から甘い匂いが出てくる原因と対処法

Sponsered Link



空気清浄機をずっと使っていると、

いろんな臭いがしてきますよね。

何が原因で臭いが出るのでしょうか。

臭いが出てしまうと、

ちゃんと空気を綺麗にしてくれているのか不安になります。

そこで、ここでは

空気清浄機から甘い臭いが出てしまう理由と対処方法

ご紹介します。

空気清浄機から甘い匂いが出てきてしまう原因

Sponsered Link

原因①

まず、匂いは人それぞれ感じ方が違く、

甘く感じる人もいれば全く違う匂いに感じる人もいます。

特に甘い匂いは、

イオンを放出する機種やオゾン脱臭をする機種であると、

オゾンの匂いの可能性もあります。

このオゾンの匂いは、

感じる人と感じない人とがいるそうで、感じる人でも例え方は様々です。

原因②

ほとんどの臭いの原因は、カビや雑菌です。

加湿空気清浄機には、『加湿』と『清浄』の機能があります。

清浄機能で空気中のホコリを吸い込み、フィルターを通してキレイな空気を出します。

『加湿』と『清浄』の空気の吸い込み口が一緒のため、加湿の水分と融合してしまい、雑菌の繁殖がしやすくなってしまっています。

その結果、臭いを発してしまうのです。

加湿をするのにトレイに水道水を入れて使用しますので、フィルターは常に湿った状態になり部屋の空気中に雑菌が増えます。

フィルターを出してみて、カビの他に白っぽいモノが付いていれば、それは水道水に含まれるミネラルです。

これも雑菌を育ててしまいます。

やはり主な原因はカビや雑菌です。

オゾンの臭いの可能性もありそうですが、臭いに敏感な人は大変そうです…

空気清浄機から甘い匂いがした場合の対処法

オゾンの臭いだった場合、どうしようもありません。

ある意味、イオンを放出する機種や

オゾン脱臭の機種の特性という事になってしまいます。

その他が原因の臭いの対処法は、

まず使わない時は電源を切るのと一緒にトレイの水を捨てます

そして、フィルターも日光にあてて乾かします。

加湿をしない時も、

タンクの水を抜いて乾燥させて、トレイに水が無い状態にしておきます。

回転羽が付いたものであれば、

ほとんどのモノが回転部分を簡単に外せるので、外して水で洗います

部品に臭いが染み込んでいる場合は、

台所用洗剤を薄めて洗うと、汚れだけでなく臭いもおちます。

これらを1ヶ月に1回行いましょう。

これとは別に、月に1度は説明書通りの洗い方で洗います。

《それでも臭う場合》

フィルターが入るバケツなどに、

水かぬるま湯をいれて、クエン酸溶液を作ります。

2リットルに対してクエン酸を大さじ1

フィルターは軽くすすいだ後に、

クエン酸溶液に30分~2時間くらいつけます。

最後にクエン酸溶液が残らないように、

しっかりと水洗いをして乾かしてから本体に戻します。

《それでもダメな場合》

それでもダメな場合は、

よっぽど機械に詳しい人でない限り、個人では無理だと思います。

臭いの原因がフィルターをすり抜けて、

部品に染み込んでしまっているので、解体しなければいけません。

壊してしまっては大変ですから、業者さんに頼みましょう

最後は業者さんに頼むのが1番ですが、

その前に一通り掃除をしてみた後、

オゾン臭かも…と思った時は、メーカーに問い合わせてみて

オゾン臭が出る機種なのかを聞いてみるのもいいかも知れません。

まとめ

いかがでしたか?

甘い匂いに限らず、空気清浄機から臭いが出てくると、

やはり気分のいいものではありません。

月に1度、説明書通りの洗い方での

お手入れフィルターのつけ置きなどをしっかり行いましょう。

どうしても臭いがある場合は、

メーカーや業者さんに相談するのもいいと思います。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>