板チョコになっちゃった!生チョコを冷やし過ぎた時どうすれば良い?

Sponsered Link



生チョコ作りの失敗例でよく聞かれるのは、

「生チョコが固まらない!」というモノ。

なかなか固まらないときは、

冷やす時間を長めにしてみて

様子を見ることになると思います。

でもちゃんと固めたいからと冷やしすぎると、

今度は板チョコのように固くなって

生チョコ特有のあの柔らかさが

完全になくなってしまうことにもなります(~_~;)

もしそうなってしまったら、

なにかいい対処法はあるのか・・・

調べてみることにしました(=゚ω゚)ノ

生チョコを冷やしすぎたときは常温に戻せば何とかなる!?

Sponsered Link

固まりすぎたのなら常温に戻せば柔らかく戻るのでは

・・・と考える人が多いと思います。

例えば市販の生チョコを買ってきて

冷やしすぎてしまったということなら

常温に戻せば柔らかく戻る可能性は高いです。

でも手作りの場合、固くなった原因は

チョコレートと生クリームの配合が

よくなかった場合が多いので

柔らかく戻るかどうかは微妙なところです(^^;)

また、室温への戻し方も、急に温かいところへ移すと

急な温度変化で結露がおこり、

品質低下にもなってしまうので注意が必要です。

冷蔵庫から出すときはまず室温のあまり高くないところから

徐々に戻していくようにしましょう

冷蔵庫だったら、野菜室は冷蔵室より

ちょっと温度が高めとなっているので

一旦野菜室に移してから室内の冷暗所へ移すと、

急な温度変化を防げると思います(*^^)v

生チョコを冷やしすぎたらどうすればいい!?

生チョコを冷やしすぎたら、まずは上記の方法で

徐々に室温に戻してみましょう。

それで柔らかくなるようならいいですが、

それでもイマイチ柔らかく戻らないようであれば、

先ほども述べた通り、チョコレートと

生クリームの配合の問題と考えられます。

固くなる原因はチョコの割合が高いことが原因なので、

室温に戻した生チョコを再び湯せんにかけて溶かし、

生クリームを足して作り直せば

柔らかく仕上がる可能性があります。

生チョコの作り方はレシピにより色々なので

はっきりとは言えませんが、

チョコレートと生クリームの割合は

2:1というのが基本みたいですね。

この割合で、チョコが多くなると固くなりすぎるし

生クリームが多すぎると柔らかすぎて固まらない

ということになるということです。

でも、レシピによっては洋酒を加えたり

バターを加えたりするので、その場合は

その分生クリームの量を調整します。

またチョコレートによっても

ミルクチョコレートだと固まりにくく

ビターチョコだと固まりやすい

とかいうことがあるようなので、

なるべくレシピに書かれている通りの配合と材料で

チャレンジするようにすれば、

失敗をある程度は防げると思いますよ~(*^^)v

まとめ

生チョコを冷やし過ぎてしまったら・・・

・まずは室温に戻し、様子を見る。

・室温に戻すときは急な温度変化にならないよう、野菜室などを利用して徐々に戻すようにする。

・室温に戻しても柔らかくならない場合は、配合の問題と考えられるので、再度溶かして生クリームを足して作り直せば柔らかく仕上がる可能性がある。

ということです!

お菓子作りって、分量を正確にすべきって

よく言いますよね。

なので、生チョコ作りも、簡単とはいえ

材料の配合や使うチョコの種類によって

仕上がりが変わってきてしまうということなのですね(^-^;

私はかなりアバウトな性格なため、

レシピを自分流にアレンジして作ってしまい、

それが原因で失敗することしばしばです(;^ω^)

でも、失敗を繰り返して学ぶことの方が圧倒的に多いので、

皆さんも一度の失敗であきらめずに

生チョコ作りにチャレンジし続けてくださいね!

作り続けていくうちに、

ベストな配合などが分かってくるはずですよ~!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>