誰でもできる!使って便利!ショートカットキーの使い方

Sponsered Link



ショートカットキーは、キーボードを使ってパソコンを操作するための機能です。

ショートカットキーを使用すると、マウスを使うことが難しい方やノートパソコンを使用する際に役に立ちます。

例えばコピー&ペーストをしたい場合、文字の範囲を選択して[Ctrl+C]で文字をコピーすることができます。[Ctrl+X]だと切り取りになります。

その後、[Ctrl+V]で貼り付けをすることができます。

他にも、[Ctrl+S]でファイルを保存したり、[Ctrl+Z]で直前の操作を元に戻したりすることもできます。

パソコン初心者でもわかる、ショートカットキー一覧

だいたいキーボードの一番下の列に配列されている[Ctrl]キー。

左右に2つあると思いますが、どちらを押しても問題ありません。

[Shift]キーや[Alt]キーも同様です。

ここからは、覚えておくと便利なショートカットキーをご紹介します!

[Ctrl]を使うショートカットキー

Ctrl+A すべて選択

Ctrl+C コピー

Ctrl+X 切り取り(カット)

Ctrl+V 貼り付け(ペースト)

Ctrl+HOME 一番上に移動

Ctrl+END 一番下に移動

[HOME]キーや[END]キーは、他のキーと一緒になっていることが多いです。

私が使用しているパソコンのキーボードでは、矢印キーと一緒になっていました。

Ctrl+F 検索

Ctrl+S 保存・上書き保存

Ctrl+W ファイルを閉じる・タブを閉じる・画面を閉じる

Ctrl+Y やり直し(進む)

Ctrl+Z 元に戻す

Ctrl+T 新しいタブを開く

Ctrl+Tab タブを移動

Ctrl+P 印刷

Ctrl+[] ページを拡大(ズーム)

Ctrl+[] ページを縮小

Ctrl+数字の0 ページをデフォルトサイズ(100%)に戻す

Ctrl+ダブルクリック フォルダを別ウインドウで開く

Ctrl+Shift+ドラッグ ショートカットを作成

[Shift]を使うショットカットキー

Shift+BackSpace ページを進む

Shift+F10 右クリックメニューを表示

Shift+Crlt+N 新しいフォルダを作成

Shift+←→↑↓ 文字列を選択

Sponsered Link

[Alt]を使うショートカットキー

Alt+ドラッグ ショートカットを作成

Alt+ 前のフォルダに戻る

Alt+ 先のフォルダに進む

Alt+Tab ウインドウの切り替え

Alt+Enter プロパティを表示

Alt+D アドレスバーを選択

[ファクションキー]を使ってのショートカットキー

F2 名前の変更

F5 更新

F7 全角カタカナに変換

F8 半角カタカナに変換

F11 全画面表示

F12 名前を付けて保存

覚えておきたい! 時短ショートカットキー

普段マウスで行っている範囲指定も、ショートカットキーで行うことができます。

Shift (+Ctrl)を押しながら方向キーを連打することで、素早く選択できます!

1文字選択するときは、Shift+or

1単語選択するときは、Shift+Ctrl+or

1行選択するときは、Shift+or

これらの操作は、文章を書いたり、資料を作成したりするときによく行いますよね。

ショートカットキーを使えば、マウスがなくても範囲指定ができます。

更には、コピー、切り取り、貼り付けまで行うことができます。

まとめ

ショートカットキーは、主にマウスを使うことができないときに使われる機能ですが、それだけではありません。

例えばあなたが、新幹線の中とか、外のベンチで膝の上に乗せてとか、キーボードだけでカチカチ仕事をしている姿を想像してみてください。

間違いなくできる奴だと思われますよ!

ショートカットキーは慣れるまで大変ですが、慣れれば圧倒的に作業効率が変わります。

なるべくマウスを使わないように、意識して練習してみてください。

便利だと思ったショートカットキーは、是非覚えて使いこなしていきましょう。

スキルも上がって、仕事の効率も上がるかも知れませんね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>