初心者でも分かる!?ソースコードの読み方のコツ

Sponsered Link



ソースコードを読み解くのには特別な知識が必要だと思っていませんか?

実はコツさえつかめばそんなに難しいことではないのです。

また、最近の言語は人間にも大変わかりやすく敷居が低くなってきています。

今回はHTMLのソースコードの読み方に関してです。

おそらくHTMLという単語は日常で一度は聞いたことがあると思います。

HTMLはブラウザ(Chrome, Safari, Firefoxなど)に、ウェブページを表示するために使われるマークアップ言語です。

HTMLはすべてのウェブページに使われているといっても過言ではないでしょう。

実は手元のパソコンで今見ているウェブページのHTMLを、簡単に見ることができるのです。

ブラウザの画面上で右クリックをして、“ページのソースを表示”をクリックしてください。

そうすると、そのページのHTMLが見ることができます。

超簡単!ソースコードの簡単に読める方法

HTMLは初心者でも非常に見やすい言語です。

<html>
<head>
<title>HTMLの読み方</title>
</head>
<body>
<h1>HTMLの読み方</h1>
<p>HTMLを作りました</p>
</body>
</html>

これがHTMLの簡単な例です。

非常に見やすくわかりやすいと思いませんか?

HTMLは大きく分けて二つの要素からできています。

その二つの要素とはhead要素とbody要素です。

簡単にいうと頭と体です。

生き物みたいで親しみやすいですね。

headの部分ではタイトルなどを書きます

タイトルとはタブ上に記載されるものです。

bodyにはウェブページのコンテンツに関して書きます

ここでは“h1”と“p1”がbodyの中に書かれています。

“h1”は見出しを、“p1”では文章を示ししています。

ソースコードの効率のいい読み方を紹介!

Sponsered Link

HTMLは<何か>から</何か>で完結しています。

上の例だと<head>….</head>といった具合です。

そのため<>から</>を、ひとくくりで見てもらうと、効率よく読み取ることができます

また<>から</>内にさらに<>から</>がある場合は、インデントといって段落分けされているので、そういったところに注意すると、まとまって読み取れるようになります。

まとめ

今の社会ではインターネット化が進んでいるので、インターネットの知識が少しでもある方がいいです。

また インターネットのことがわかると仕事も見つかりやすくなります

HTMLの場合はウェブデザインといって、ウェブページのデザインをする仕事があります。

そのためHTMLはガチガチのお堅いプロミングでなく、デザインが好きな人なら誰でも学びやすい言語です。

興味がある人はインターネット上にたくさんHTMLを学べるサイトがあるので、是非、調べて学んでみてください。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>