ホント?枕を変えると肩こりが解消!

Sponsered Link



ストレッチやマッサージ、様々な肩こり解消グッズを駆使しても、肩こりが解消されないというあなた!

もしかしたら原因は、あなたの使っている枕かもしれませんよ!(゚д゚)

1日の3分の1は睡眠です(˘ω˘)

疲れをとるはずの睡眠が、さらに肩こりを悪化させているとしたら皮肉な話ですよね(;´д`)

そこで、肩こりを解消させるための枕選びや、選ぶときに気をつけたいポイント、理想の枕について紹介していきたいと思います(*^-^*)

肩こりがひどくなる!よくない枕とは?

Sponsered Link

まずは、肩こりを悪化させてしまうかもしれない枕についてです(゚д゚lll)

一つ目は硬さ(。◕ˇдˇ◕。)/

柔らかすぎる枕は頭が沈んでしまい、寝返りが打ちづらくなるので、首や肩に負担がかかるので×!

硬すぎる枕は頭が安定しないので、首に負担がかかり、無意識に頭を支えようと首筋に緊張が続くので×!

二つ目は高さ(。◕ˇдˇ◕。)/

低すぎる枕はあごが上がってしまい、首が不安定になって首筋が緊張してしまうので×!

頭が低くなると頭に血がのぼり、睡眠が浅くなる可能性も(゚Д゚;)

高すぎる枕は首から肩にかけての血行が悪くなるので×!

あごがつまる形になるので、軌道が狭くなって「いびき」の原因になることも(*_*;

なんでも「~すぎる」ものはダメってことですね(^^;)

選ぶポイント 高さ・硬さ・素材・形

では、理想の枕とはどんなものでしょう?(@_@)

高さ、硬さ、素材、形の4点から見ていきましょう。

まず、高さ
理想的な高さとは、あお向きに寝たときに立っているときの頭から首のライン、つまり姿勢が同じようになる高さだそうです(´▽`)

さらに横向きで寝たときには、顔の中心線と胸の中心線がまっすぐになる高さです。
これらは個人差があります・・・

次は、硬さです。
硬さは寝返りをうちやすくするために、ある程度必要で、沈みすぎなくて、なるべくフラットなものが理想です(^^

続いて素材
素材は好みにもよると思いますが、安眠という観点から選ぶと、オススメはそば殻羽毛だそうです!

理由は2点とも通気性と吸湿性に優れているところです(*’▽’)

柔らかめがお好みなら羽毛、硬めがお好みならそば殻がいいとのこと(^^

でも二つとも水洗いできないなど、衛生面で問題があります・・・。

そば殻はアレルギーの人は使えないし、天然素材だから半年~1年で交換が必要だそうですよΣ(゚д゚ )

最後にです。
形はそれぞれの頭の形によって変わってくるところだと思いますが、条件としては、

・首筋を支えるちょうどよい厚みとカーブ
・後頭部の丸みを受け止める少しくぼんだもの
・寝返りを無理なくうてる、
・頭が落ちない充分な大きさ(60×40㎝以上)

ということです・・・。

すべての条件を満たす枕を探すとなると、結構大変そうですよね(^^;)

オススメ枕ベスト5!

今人気の枕のランキングはこの通り!

1位 六角脳枕 ¥18.900

※クリックすると楽天市場に飛びます

名前の通り、六角形の形をしていて
独自の低反発ウレタンで寝返りのしやすさが特徴。
中に保冷剤が収納されていて、
ひんやりと心地よく眠れます(^^

2位 スリーパードクターズピロー ¥11.664

※クリックするとamazonに飛びます

頭をのせる部分と肩をのせる部分が分けて作られた二つの枕が一体化したような構造。

通気性、吸汗、速乾にも優れ、消臭機能もあるので汗っかきの人に安心(^^

3位 王様の夢枕 ¥6.480

※クリックするとamazonに飛びます

超極小ビーズのもちもちとしたさわり心地が人気の理由!
通気性、寝心地では評価はイマイチ(*´з`)

4位 メディカル枕 ¥6.990

※クリックすると楽天市場に飛びます

イタリアの整形外科医が開発したという中芯に高反発ウレタンを使用したビックサイズの枕。
海外では評判のようですが、日本での評価はそれほど高くない(^^;)

5位 エアーウィーヴ ¥21.384

※クリックするとamazonに飛びます

浅田真央さんが愛用していることで有名なエアーウィーヴ。
トランポリンのような弾力が特徴。
通気性も抜群。
しかし、硬すぎるとの評価も多い(;’∀’)

人気の枕は、低反発や高反発ウレタンのものが目立ちますね!

それにしても、みんなお値段が高―い!(;゚Д゚)

まとめ


枕について色々調べて、最終的に思ったことは「自分に合った枕を探すことが一番」ということですね!

人気の枕も紹介しましたが、人それぞれ体格も好みも違うし、いくらよい機能の枕でも、実用性の面で満足できないとしょうがない・・・(*´з`)

一番いいのは、枕専門店に行って色々試して、自分に合うと納得できるものを選ぶことじゃないかと思います(^-^)

とにかく安眠したい、睡眠の質にこだわりたい、という人は、ちょっと多めにお金を持って、枕専門店へ足を運んでみては?(*’▽’)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>