辛いものを食べて汗だく!!これって本当に痩せるの!?

Sponsered Link



唐辛子たっぷりのチゲ鍋や、見るからに辛そうな真っ赤なマーボー豆腐など

・・・皆さん辛いものはお好きですか?

辛いものを食べると体があったまるので、寒い冬にはピッタリですよね(^^

そして辛ければ辛いほど、沢山の汗が噴き出てきますが、

それって運動したのと同じ効果があるのでしょうか?

考えてみると、唐辛子の成分を配合した痩せるサプリメント

なども商品としてあるので、やっぱりそういうことなのかも!?

と思ってしまいますよね。

・・・ということで、辛いものを食べて汗をかけば

痩せることができるのか!?

詳しく調べてみました!

辛いものを食べただけで痩せられる!?

Sponsered Link

辛いものを食べただけで痩せられるのか?

結論から言うと・・・無理ですΣ( ̄ロ ̄l)

辛いものを食べただけでは痩せることはできません・・・

辛いものを食べるという行為自体には

脂肪を燃やす効果はないのです!

ただ、辛いものを食べて体が温まった状態の時に、

体を動かすなどして脂肪を燃やす運動をすると、

効率よく脂肪を燃焼させることができるということです。

つまり辛いものは、脂肪燃焼に対して補助的な役割を果たす

というものと捉えるのが正しい考え方です。

なので唐辛子の成分を配合したサプリメントも同様に、

飲んだだけでは痩せることはできない

ということを頭に入れておきましょう。

・・・というか、ダイエットというもの自体、

いくら食事を制限しても、適度な運動を組み合わせないと

効率的にかつ健康的に痩せることができないということが言えると思います・・・。

汗と痩せるの関係とは!?

でも汗を沢山かくと、脂肪を燃焼して痩せたような気になりますよね。

ですが実際、

汗をかいたからといって脂肪が燃えたわけではないのです。

確かに大量に汗をかいた後、体重を計ると体重は減っていますが、

それは一時的なもので、水分を摂取すれば体重はすぐに戻ってしまいます。

じゃあ水分をとらなければいいじゃないと考えるかもしれませんが、

それでは脱水症状などを起こすことにもなりかねませんし、

逆に体が水分を溜め込もうと働きだすので、太りやすくなってしまいます(~_~;)

でも汗をかくことが痩せるためにはいいことであることは確かです!

・・・というのも、汗をかくことで

体の中の老廃物や毒素を体外に出すことができるので、

新陳代謝が上がり、結果脂肪が燃えやすい痩せやすい体になっていくのです。

痩せやすい体になれば、

いつもと同じ運動量でも脂肪燃焼率がアップするので

効率よく痩せることができるようになるというワケです(^^

まとめ

辛いものを食べただけで痩せることはできるのかについて調べてきましたが、

結論としては、『辛いものを食べただけでは痩せることはできないが、

辛いものを食べることで痩せやすい体を作ることはできる』ということになります!

やはり、食べただけで痩せるなんていう夢の話はないんですね~(´)

でも、辛いものを食べることは、ダイエットに効果が全くないワケではない

ということも分かったので、積極的に辛いものを食べて痩せやすい体を作って、

適度な運動などを組み併せて効率的にダイエットを進めることができると思います(*^^)v

・・・ただし辛いものには高カロリーなものも多いので

カロリーの摂り過ぎにはくれぐれも注意しましょうね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>