コードだけ買い替えたい!こたつのコードは互換性があるのか!?

Sponsered Link



冬も近くと、だんだんと寒くなってきますよね。

そんな時に『こたつ』は強い味方です。

そんな冬には欠かせない『こたつ』のコードが突然壊れたなんて経験したことがある人もいると思います。

こたつを買い換えるとなると、お金もかかるので、できればコードだけ交換したいですよね。

ここでは、こたつのコードに互換性があるのかなど、コードについてご紹介します。

こたつコードは互換性ある!?どんなものでもOK!?

Sponsered Link

こたつのコードは交換することができます。

こたつのコードはだいたい2穴タイプ』3穴タイプ』の2つに分けられます。

『2穴タイプ』

2穴タイプは、ほとんどがコードの途中に『入/切』のスイッチがついています。

温度調節は本体で行うようになっています。

このタイプは、『通電』と『電源』のみの機能なので、だいたい共通で使えます。

一般的に汎用タイプのコードが使用でき、汎用タイプのコードは、ホームセンターや電気屋さん・ネットなどで、1000円前後くらいで購入できます。

汎用[はんよう]…広く用いる。何にでも使える。)

ですが、なかには2穴タイプでも互換性のないものもあるので、メーカーや電気屋さんなどで確認をすると良いです。

『3穴タイプ』

3穴タイプは、コードの途中に『温度調節』が付いていることが多いです。

このタイプは、メーカーや型番で仕様が異なりますので、専用のコードしか使用できません。

専用コードがあるかどうかは、メーカーや電気屋さんに型番などを伝えて、問い合わせてみると良いです。

『2穴タイプは、ほとんどの場合互換性があり』

『3穴タイプは専用のコードしか使用できない』

 と覚えておいた方が良いです。

もちろん例外もありますし、どちらも純正のコードがあれば1番良いです。

コードのタイプによって、互換性があるかどうかが変わるようです。

2穴タイプであればだいたい大丈夫のようですが、3穴タイプの場合は、確認が必要ですね。

こたつコードに互換性があっても気を付けたいことは

こたつのワット数が、コードのワット数を超えないように気を付けなければいけません。

例えば、壊れたコードに7A・125Vと書かれている場合、『電流が7アンペア(A)・電圧が125ボルト(V)』ということです。

新しく購入したコードが『7アンペア(A)・250ボルト(V)』だったとすると、電流は7アンペア(A)で同じですが、電圧が125ボルト(V)と250ボルト(V)で違います。

ですが、一般的にこたつなどの家電製品は、100ボルト(V)以下の設定になっているので、125ボルト(V)でも250ボルト(V)でも問題ないようです。

この、125ボルト(V)や250ボルト(V)というのは、この数値以下で使って下さいという事です。)

こたつのワット数などの確認が必要なんですね。

私のように、ワット数とかアンペア、ボルトなんて言葉に拒否反応が出る方は、メーカーや電気屋さんに確認するのが1番確実ですね。

まとめ

いかがでしたか?

こたつのコードに互換性があれば、わざわざお金をかけて、こたつごと買い替えなくても良いですね。

ただ、コードのタイプが2穴なのか3穴なのかによって互換性があるのか、ないのかが変わってくるようなので、メーカーや電気屋さんに問い合わせて確認をするのが1番確実で良いと思います。

暖かいこたつで冬を乗り切りましょう。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする