嘘?それだけ!?煮物には白だしだけで十分という事実!?

Sponsered Link



スーパーで見かけたことがある「白だし」。
出汁なのはわかるけど、白って何?
何の料理に使うの?って思われた人も多いかと思います。

白だしは、かつおや昆布から取れた出汁に
白醤油、薄口醬油、砂糖、みりんなどを加えて作った調味料
濃縮めんつゆと同じように希釈して使用します。

見た目は色が薄いので味も薄いように思われますが、
しっかり味がついていて、素材の色を生かして調理ができます。
出汁巻き卵、うどん、茶わん蒸しなど、
適度な塩分と出汁のうまみでおいしくできあがります。

濃縮めんつゆの色が薄いバージョンと思っていただけたら、
分かりやすいと思います。
濃口しょうゆを使っているめんつゆより、
白だしは素材の色をいかしてくれるので、和食ではよく使われています。

煮物は白だし一本で解決

Sponsered Link

白だしには、醤油、砂糖、みりん煮物に必要な調味料が全て入っているため、
白だしだけで煮物も作れます。
白だしでつくると素材の色が生かされて綺麗にできます
時々無性に食べたくなるけど、
味が毎回違ったり調味料のバランスがおかしかったり、
なんか上手にできない時、白だしを使ってみて下さい。

※クリックするとamazonに飛びます

煮物だけじゃない白だしの万能さ

白だしには出汁以外にも調味料が入っているので、
煮物以外にも使えます。
例えば、うどんの出汁でも、
関西風の色が薄い出汁なら白だしを薄めるだけでできあがります。

キャベツ、ニンジン、しめじ、もやしなど炒めて塩コショウしたら、
最後に白だしを回しかけて野菜炒めの完成です。
他にも、
白だし大さじ2、
酢大さじ1、
ごま油小さじ2、
いりごま小さじ1を混ぜ合わせて、
大根、にんじん、貝割れ菜の上にかければドレッシングとしてサラダにも使えます

和食だけじゃ無く、洋食にも使えるのです。
豆乳を使ったグラタンは、味付けが白だしだけなので、簡単です。

出典:ヒガシマル

女性に人気のカルパッチョなども作れます。

出典:ヒガシマル

まとめ

いつも煮物が苦手だと思っている方や
和食は難しいと思っている方に、
一度白だしを使ってもらって色んな料理にチャレンジしてもらいたいですね。
きっと料理の幅も広がると思います。

色が薄いので味も薄いと思われますが、
めんつゆと同じで希釈して使うので、
そのままだとしっかり味がついています。
味見をしながらだしを入れて下さいね。

白だしには、出汁に必要な調味料が入っているので煮物だけでなく、
和食にもサラダにも使えて、万能です。
難しい和食などが白だしで簡単できるようになれば、
家族や彼氏からの評価もあがりそうですね。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする