検討の参考に!?温水ルームヒーターのメリットデメリットまとめ

Sponsered Link



冬場の暖房器具としては、エアコンや石油ファンヒーターなどがメジャーですが、

温水ルームヒーターというモノがあるのをご存知でしょうか?

温水ルームヒーターとはどういうものかというと、熱源機となる室外機で温水を作り出し、その温水をホースで室内の温水ルームヒーターへ送り、そこに風を当てることで、温風が生み出されるという仕組みです。

温められる水は不凍液となっているので、凍結などの心配もなく、作り出される温水の温度は80~90℃、室内へ出される温風の温度は60~70℃となっているので、穏やかな温かさを感じることができます。

そこで、温水ルームヒーターに興味をお持ちの方のために、温水ルームヒーターのメリット・デメリットについて、詳しく調べてみることにしました!

温水ルームヒーターのメリットとは!?

Sponsered Link

温水ルームヒーターについて調べてみると

多くのメリットがあることが分かります。

具体的なメリットは以下の通りです(=゚ω゚)ノ

・室外機での燃焼となるため、部屋の空気が汚れず安全性が高い

・穏やかな温かさなので、部屋が乾燥しすぎず結露も出にくい。

・温風が足元から温めてくれるので部屋全体が温かくなりやすい。

・室内の温水ルームヒーターは、温水コンセントと呼ばれるものに差し込めば、どこの部屋でも使用でき、使わない時期は取り外して片付け可能

以上のように、安全性が高くて乾燥の心配も少ないことから

小さいお子さんがいるご家庭などで

検討される方が多いようですね(*^^*)

温水ルームヒーターのデメリットとは!?

いいところばかりのような気がしてくる温水ルームヒーターですが、

残念ながらデメリットもいくつかあります(*´Д`)

それでは温水ルームヒーターのデメリットをご紹介しますね。

設置には工事が必要!

熱源機の設置と温水コンセントをつなぐ工事が必要となるため、

賃貸物件やマンションなどでは設置できない可能性があります。

また、新築時での設置が基本ということで、

後付けの場合も熱源機の設置場所など

色々考慮しなければいけないことがあります。

コスト面でお得感があるとは言えない

上記のように設置には工事が必要となるので

それなりの費用がかかります。

また室外に置くことになる

熱源機の費用がなかなかの高額となっているようです…。

ランニングコストについても、ガスにしても灯油にしても

広く使われているエアコンの電気代や

石油ファンヒーターの灯油代と比べて

だいたいが高くなってしまうということです。

特にご自宅がプロパンガスの場合

かなり高額になってしまうということなので注意が必要です(~_~;)

熱効率が悪く、温まるまで時間もかかる

温水を作ってから温めるという方式のため

熱効率は悪く、どうしても温まるまで時間がかかります

これにはタイマーをセットして

事前に温めておくという対処の仕方がありますね。

以上がデメリットですが、コスト面で難ありとなると

ちょっとしり込みしてしまうことになりますよね・・・(^^;)

認知度もあまり高くないようなので、

安い商品や使用しやすいガス等のプランが出ていない

というのも一因かもしれません。

まとめ

温水ルームヒーターのメリットとデメリットについて

ご紹介してきました!

機能的には申し分のない温水ルームヒーターですが、

コスト面ではエアコンや石油ファンヒーターより

見劣りしてしまう印象となりましたかね(;^ω^)

それでもエアコンの乾燥がどうしても苦手という人や

室内で灯油を扱うのがイヤという人には

受け入れられているようです!

使用感についての評価はかなり高いようですので、

気になる方はコスト面について

深く比較検討してみるのがよいかと思いますね( ^ω^ )

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする