桜が散っても楽しめる!?葉桜になるのは突然だった!?

Sponsered Link



もうすぐ今年も桜の季節がやってきますね。

お花見しながらお酒飲んだり、

美味しい物食べるのって最高ですよね!

「でも桜っていつ散ってしまうかわからない

「お花見を計画したけど、実行したころにはもう桜の花はなかった!

そんな経験はありませんか??

お花見をせっかく楽しむのであれば、

桜の花びらが見たいものですよね。

今日は桜はいつ葉桜になるのかお教えします!

桜が葉桜になるのって大体いつ頃?

Sponsered Link

桜の木は、気温にとても大きく変動されます。

とても繊細ですね!

そう思うと、儚さも増す気がします!!

それは置いといて

桜の木は夏の間翌春の花の芽をつくっています

来年の春に向けて活動しているんですね。

それから休眠になります。

冬の寒い気温に一定期間さらされると、

眠りから覚めるそうです。

眠りから覚めたあと、

気温の上昇とともに芽が開花していきます

そのため温かい地方から開花宣言が始まっている

ということですね。

桜がそこから開花し満開を迎えるまでは、

九州地方~関東地域で約7日

北陸・東北地方で約5日

北海道地方で約4日

ほどといわれています。

満開から桜が散ってしまう葉桜になるまでは約一週間です。

しかし、天候や気温に大きく左右されてしまいます。

桜が葉桜になるまでのステップとは?

桜は一日の間にぱーーっと満開になるわけではありません!

もしそうだったら、

仕事を休んででも桜の一日を見に行ってますね。

桜が開花して葉桜になるまでには、ステップがあります。

・開花

・三分咲き

・五分咲き

・八分咲き

・散り始め

・葉桜

という流れです。

開花というのは、よくテレビでも桜の季節になると

開花宣言など取り上げられていますよね。

「開花」は、とある木の56輪以上咲いた状態を指します。

三分咲きは木の約3割が咲いている状態を指すそうです。

五分咲きは、約半分が咲いている状態です。

八分咲きは、木の8割以上が咲いている状態ですね。

ここで満開と言われ始めます

そして、花びらが散り始めた状態を散り始めといい、

桜の花びらが散り若葉が出始めた頃を葉桜と指しています。

ということは、春に何度も桜を見に行けば、

違う状態の桜が楽しめるのですね。

まとめ

3月になると桜の開花予想も発表されます。

去年の開花情報なども公表されています。

ちなみに、東京都の2017年の

開花日は321日で、満開日は、42日でした!

葉桜はそこから一週間後ですね。

ご近所に桜の木があるなら、お散歩がてら見に行くと

桜の成長が楽しめるのではと思います!

桜を見ながら、是非お花見を楽しみたいですね!

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする