何か新しいことをしてくれそう!?ダイソンの電気自動車とは?

Sponsered Link



環境保護の観点からも注目されている電気自動車、昔は夢のような話として聞いていましたが、今では一般の人でも、電気自動車を所持できるところまできました(*^^)v

まだ充電スポットの拡充や、電気自動車の充電池のもちなど課題はありますが、

環境意識の高い欧州などの地域では

将来的にすべての自動車を電気自動車にしよう

という流れも生まれてきています。

そんな中、

あの吸引力の衰えない掃除機で有名な

「ダイソン」が電気自動車の開発をするとの表明をしました!

何とも驚くべきニュースですが、

その詳しい内容についてご紹介してきたいと思います!

ダイソンが電気自動車の開発に携わるってホント!?

Sponsered Link

ダイソンが電気自動車の開発を正式に進める、ということが明らかとなったのは、

ダイソン創業者であるジェームス・ダイソンさん

社員宛てのメールでその思いと計画を発表したことにより

世界に発信されることとなりました。

それによれば、電気自動車開発は

すでに27年前に着手していたといいます(゚д゚)!

その時はディーゼルエンジン排気から煤(すす)を取り除くための

サイクロンフィルターの開発を始めて一度形にしたそうですが、

その時は受け入れられることなく

計画は頓挫してしまったということ・・・

そうなると一大ブームを起こした掃除機や扇風機も

電気自動車開発のための布石だったのではないか

との見方もできてしまいますね(@_@)

まぁ厳密には違うかもしれないですがイメージとしては、

日本のパナソニックとかシャープなどの家電メーカーが

電気自動車を開発するみたいな感じですよね・・・?

ダイソンが電気自動車開発を成功させれば

そういう時代ももしかしたらやってくるのかも!?

なんて思ってしまいますね(◎_◎;)スゴイ!

ダイソンの電気自動車計画ってどんなの!?

開発段階ということもあり、具体的にどのような車を作り上げていくのかは

企業秘密なのでわからないのですが、2020年の発売開始を目指し

プロジェクトを進行させていくということです!

なんでもダイソンの優れた技術者たちと、自動車業界出身の新たな社員とで

400人を超える特別チームが既に編成されていて、

日本円で1450億円ほどの投資計画があるということです。

ダイソンは、電気自動車の開発こそが大気汚染対策の解決策であると信じ、

排気ガスを出さない車の開発を進めることで

世界的な大気汚染に歯止めをうちたい

との考えだということです。

スバラシイ!

ダイソン製の電気自動車がまた

一大ブームを起こすことになるのか、楽しみですね(*^^*)

まとめ

ダイソンが電気自動車の開発を表明したとのニュースを

詳しく掘り下げてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

2020年が発売開始目標ということで、

東京オリンピックの年ですから

なんだかんだもうすぐですよね!

どんな車が出来上がるのかがとにかく楽しみですが、

これがきっかけとなって

今はそれほどでもない電気自動車のムーブメントに

変革をもたらしてくれたらと思いますね( ^ω^ )

ダイソンの電気自動車が

環境問題にあまり関心のない人の興味を引き付けることで、

電気自動車が使用しやすい世の中になることを期待します!

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする