お賽銭箱に入らなかったお賽銭は意味がない?ご利益は?

Sponsered Link



毎年初詣って人がうじゃうじゃいますよね。

そのような時にお賽銭を投げ入れるのは、一苦労。

実際入ってないお賽銭も見かけます。これって大丈夫なのかな?

ご利益あるのかな?と思います。

一体お賽銭が入らなかった場合は、どうしたら良いのでしょうか?

お賽銭箱に入らなかった時は意味がない!?

Sponsered Link

結論から言うと、入らなくても心配はいりません

大昔、日本人は神前にお米をまく習慣があったそうです。

それが長い年月をへて、お米からお金に代わり、

お賽銭と呼ばれるようになりました。

この賽(さい)は、「お礼参り」と言う意味なので、

何かのご利益を期待する為にお金を入れるのではなく

「去年はどうもありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いします。」

というお礼の気持ちを込めて入れるのですから、

賽銭箱に入らなくても気にしなくて良いのです。

・お賽銭箱に入らなかったら、もう一回入れるべき!?

上にも述べたように入らなくても、心配ないので

また入れる必要はありません

そのお金が落ちた場所も境内なのですから、

あなたの気持ちさえちゃんとこもっていれば、大丈夫です。

・厄払いとも言われる

お賽銭を入れる時に、自分の汚れを取り除き

厄を払うとも言われています。

なので、お賽銭箱の外に落ちた他人のお賽銭を

拾うという行為は大変縁起が悪く、かえって厄を

拾ってしまうという事になります。

ですから、絶対お賽銭箱の周りのお金は、

拾わないようにしましょうね。

・下から投げ入れる

投げ入れると言っても、やはり常識的に考えて

下から投げ入れるようにしましょう。

上から投げるのは、もってのほかですし、

あまり音をガチャガチャたてるのも良くない

言われています。

・念を込めよ

お賽銭はお礼の為に入れるのですから、

じっくりとお礼をして念を込めて入れるようにしましょう。

この時に、お金を握った手に息を吹きかけて

良いそうです。その方が念がこもるそうです。

お参りする上で基本的な事

⑴ 参道の端を歩く

参道の真ん中は神様が歩く場所です。

ですので、なるべく端を歩くようにしましょう。

⑵ 手水舎(ちょうずや)で手を洗う

まず右手で柄杓を持って左手を洗い、今度は右手を洗います。

もう一度右手で柄杓を持って、左手に水をためて口をゆすぎます

⑶ お参りの仕方

帽子はとって、まず二回お辞儀をします。

そして二拍手してもう一度お辞儀をします。

次に自分の名前と住所を、神様に教えましょう。

それからお参りに来られた事や、もろもろの感謝の気持ちを伝えます。

最後に「はらいたまえ、きよえたまえ」で閉めましょう。

まとめ

必ず神社には鳥居があります。

そこからは「聖域」になるので、帽子をとり一礼してから

入るようにしましょう。

「なんだかややこしい」と思うかもしれませんが、

慣れてくれば簡単ですし、何よりあなたの

感謝の気持ちがこもっている事が、何より大事なのです。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする