「てっさ」って方言なの?こんなにあった!地域によっての呼び名!?

Sponsered Link



ふぐには、地域によって様々な呼び名があります。

おそらく一番有名なのが『てっさ』だと思いますが、

他にはどんな呼び名があるのでしょうか。

ここでは、

ふぐにまつわる呼び名についてご紹介します。

「てっさ」って方言!?てっさ以外にどんな呼び名があるの!?

Sponsered Link

『ふぐ刺し』を『てっさ』と呼ぶのは主に関西地方です。

昔、ふぐの毒で亡くなる方が多数いました。

江戸時代の頃から、毒に当たると命を落とすので

『てっぽう』と呼ばれていたそうです。

そのてっぽう』の『刺身から、

それを略して『てっさ』になったと言われています。

この『てっさ』以外に、『ふく刺し』と言う呼び方があります。

『ふく刺し』とは、

下関や北九州、福岡県の一部で使われています。

そもそも『ふぐ』のことを『ふく』と呼ぶので『ふく刺し』と呼ばれます。

なぜ『ふく』とう呼ぶのでしょうか。

平安時代に書かれた書物の中に、ふぐのことを

『布久(ふく)』や『布久閉(ふくへ)』と書かれています。

『怒ると腹を膨らませて水の上に浮き出る』と、

ふぐの性質まで書かれています。

そこから、ふくれる』や、ひょうたんという意味の『ふくべから

由来したと言われているそうです。

江戸時代末に書かれた書物にも、記述が残っており

『長州赤間ヶ関(今の下関)の辺りにて河豚(ふぐ)は福の意義なればとて、祝儀事の贈物に用いて大に珍重するよし』

とあります。

「河豚(ふぐ)を『福』にかけて『ふく』と呼ぶ」

と言っている地域がありますが、

思いつきではないと歴史から裏付けられます。

その他にも、ふぐは『不具』や『不遇』に通じるとして嫌がられ

『ふく』と濁らずに呼んだとも言われているそうです。

昔から縁起をかつぐことが好きな

日本人らしいですね。

理由や由来を知ると『ふぐ』ではなく

『ふく』と呼びたくなります。

てっさ以外にふぐにまつわる方言とは

『ふぐ』の呼び名は、日本各地で違います。

てっぽう大阪

『当たるといけない』『当たると命がない』と、

ふぐの毒と鉄砲にかけてついた呼び名です。

もともとは、ふぐを食べることを禁止されていた頃に

ふぐの隠語として使われていたそうです。

がんば長崎県

長崎県島原地方での方言です。

由来は諸説ありますが『龕桶(がんばこ)』という

棺桶を意味する言葉から、

『龕桶を用意してでも、命を落としてでも食べたい』と

言われたことから、

省略して『がんば』に変化したとも言われています。

ナゴヤ瀬戸内海地方

ナシフグ、コモンフグ、ヒガンフグ、などの

一部のふぐの呼び名です。

『当たれば身の終わり』から『みのおわり』。

そして、『美濃・尾張』となり『尾張』は

名古屋を連想することから『ナゴヤ』となったようです。

ジュッテントン鹿児島県

志布志地方で使われている呼び方で、

十転倒(じゅってんとう)』が、なまったもの。

毒に当たると十回転んで倒れるほど苦しむからだそうです。

トミ千葉県

銚子で使われる呼び名です。

富くじ(宝くじ)』のように

めったに当たらない』からきているようです。

ふく福岡県、下関、北九州

主に下関や北九州で呼ばれていますが、

『福』に通じることから『ふく』と呼ばれているようです。

この他にも

『イカフグ…富山県』

『キタマクラ…高知県』

『ブッキン…熊本県』

『クロモン…大分県』

などがあるようです。

地方によってさまざまな呼び名があるんですね。

やはり毒がありますから、

毒にまつわる由来がほとんどです。

食べるのが怖くなるような呼び名がたくさんありますが、

今は免許を持った料理人が調理をしてくださるので、

安心ですね。

まとめ

いかがでしたか?

各地で呼び名の違うふぐですが、

毒にまつわる呼び名がつくほど

昔は毒で亡くなる方が多かったようです。

現代では安心して食べられるふぐですので、

機会があれば美味しく食べたいですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする