登山で腕を組んで歩くことってあり?なし?

Sponsered Link



山へ登るデートも最近は多いのではないでしょうか?

私は山登りはほとんどしたことがないので

登山デートはしたことがないですが

もしカップルで山登りをする時、もしくは

気になっている人と登山することになったら

腕とか組んだりするんでしょうか。

山の種類や登山の難易度にもよると思いますが

皆さんはどうでしょう?

腕を組んで歩いたら危険なんでしょうか?

では、

なぜ危険なのか?、そもそも

好きな人と腕を組んで歩くのはアリなのかナシなのか?

その点を迫ってみましょう。

こんなところは危険!!登山で腕を組んで歩くのが危険な場所は?

Sponsered Link

おそらく腕を組んで登山すれば

危険は必ず伴うでしょう。

一人でも危険な場所はありますからね。

では特に危険な場所とは

  • 急斜面の下り

これは二人だとバランスを崩しやすく危険です。

  • 滑りやすい場所

○木の根っこがあるところ

○苔の生えた岩場、

○丸木橋

○濡れた場所

などは、バランスを崩しやすく

二人共々、転倒滑落の恐れがあります。

  • 人の手で動かせる程度の大きさの岩石の上

さらにその岩石を小粒にしたような場所でのスリップで

捻挫や骨折の恐れがあります。

  • 岩場

岩が浮いている可能性もあるので

むやみに手掛けや足掛けに体重をかけるのは危険です。

などなど。

上記の場所を腕組みしながらカップルで通ろうもんなら

あっという間に

滑落や大怪我に繋がる事故になりかねません。

スリップした時に二人とも片手しか空いていないので

お尻をつく際に手やあしを

グネってしまう可能性も高いですね。

せっかく二人の距離を縮めるチャンスの登山が

最悪の結末になっては元も子もないですよね。

こんなところならOK!!登山で腕を組んで歩いても安全な場所は?

まずは山の高望みはしない。

いきなり富士山とかはハードルが高いので

高尾山あたりでゆっくりと

今なら紅葉を楽しみながら登山するのがいいでしょう。

そうなったら上記で述べた危険地帯はほぼなく

歩きやすい道を念願の腕組みしながら歩けます。

ロープーウェイなんて乗ってしまったら

登山でも何でもないので

せめて上までは歩いてくださいね。

そこで自信がついたらもう少し

ハードルをあげてみてはどうでしょう?

とにかく好きな人と腕を組んで歩きたいのであれば

会話も楽しめるくらいの山から始めてみてください!

それなら腕組みもありではないでしょうか。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする