いつまでもキレイが続く!? 注目の綿100%ニットとは

Sponsered Link



綿100%ニットは冬にな着ないと
思われている方もいると思います。

ですが、綿100%は冬でもOKで
何よりメリットが凄いんです。

ここでは、そんな綿100%ニットを
冬におすすめする理由と注目される理由をご紹介します。

【綿100%は冬にもおすすめ??】

Sponsered Link

綿(コットン)は優しい肌触りで着心地がよく、
吸湿性通気性が高い特徴があり、
丈夫で繰り返し洗濯することができます

綿100%ニットの肌触りはチクチクせず、
春先だけでなく一年中着回ししやすいニットです。

秋冬の綿100%ニットのコーデ例

綿100%ニットのベスト
下にシャツを合わせるだけで、
今時のコーデになります。

ベストをハイネックにすれば、
おしゃれ上級者の着こなしもできます。

ガウチョパンツなど太めのパンツに合わせると、
より旬なスタイルになります。

半袖の綿100%ニット
ブラウスやタートルネックの上に
重ねて着ることもできますし、
ロンTと重ねればカジュアルなコーデにも
なります。

ロング丈綿100%ニットカーディガン
ロング丈は、カジュアルななかにも
女性らしさがでます。

トップスにボリュームがでるので、
細身のパンツとの相性がいいです。

ワンピースに羽織るなら、スカート丈はカーディガンより
短くするとバランスがいいです。

冬におすすめな特性

冬になると、ニットなどの「毛玉」に
悩まされますよね。

綿100%は繊維が短く熱に強いので、
摩擦が起きても毛玉になりにくいです。

綿100%は繊維が落ちやすいデメリットもありますが、
だこらこそ毛玉になりにくいメリットになるんです。

秋冬でもう一つ悩まされると言えば
静電気」です。

綿などの天然素材は吸水性が高いため、
静電気が溜まりにくいです

そして、素材自体は熱伝導率が低いので、
寒い冬には体の熱を温存することができます。

綿100%ニットは見た目だけを見ると冬っぽくないですが、
特性などを知ると冬には着たくなるニットです。

暖かくて、静電気も起こしにくく毛玉にもなりにくいなんて、
冬にもってこいのニットですね。

【綿100%が注目される理由】

《メリット》
通気性がいい
綿は吸水性が高いので、水分を吸収して外に放出します。
ですので、下着などによく用いられます。

静電気が起きにくい
綿などの天然素材は吸水性が高いので、
静電気が溜まりにくいです。

肌触りがなめらか
綿は繊維が微細なため、肌への引っ掛かりが
少ないので肌に優しいです。

夏は涼しく冬は暖かい
水分を吸い込み外に放出する時に、
気化熱を奪うので汗をかくシーズンには涼しく、
寒い時期には素材の熱伝導率が低いため、
体の熱を温存することができます。

素材が丈夫
綿は強度があるため、洗濯を繰り返しても
傷みにくく長持ちします。

漂白しやすい
色が染まりやすいので、漂白剤も入りやすいです。

体の臭いを抑えることができる
デリケートゾーンや足の臭いは、雑菌の繁殖か原因ですが、
綿は蒸れを起こしにくい傾向があるので、
綿100%を選んでみるといいかも知れません。

肌に黒ずみができにくくなる
パンツなどの下着ラインは、
肌と擦れるために黒ずみやすいです。
綿は肌への摩擦を減らすことか ができるので、
黒ずみ防止にもなります。

デメリットも、もちろゆあります。
価格が高かったり、シワになりやすく
縮みやすい。
そして、汗で黄ばみやすいなどがあるので
注意も必要です。

メリットが凄いですね。
なぜこんなにいい綿100%を、
今まで着てこなかったのかと
後悔してしまいます。
試しに1つ購入してみたいですね。

まとめ

いかがでしたか?
価格は高いですが、メリットを見れば
多少高いのも納得です。

吸水性が高いのでパジャマなどで
綿100%を取り入れるのもいいですね。

気になる方はぜひ、何か1つから始めてみて下さい。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする