分かってないと労力2倍!引っ越し当日にやることマニュアル

Sponsered Link



引っ越しをするときは業者に依頼する人がほとんどだと思いますが、
自分ですべきことも多くあります・・・

当日になって慌てないために事前準備をしっかりとして
スムーズに引っ越し作業を進めたいところです。

そこで引っ越し当日までに準備しておくべきことや、
当日やるべきことなどをまとめました(^^

しっかりチェックして万全の態勢で引っ越しを迎えましょう!

#引っ越し当日に慌てないために必要な事前準備

Sponsered Link

引っ越し当日はとにかくバタバタしますので、
やり忘れがないようにやる事リストを作っておくとよいです(^^

まず、新居に移る前に旧居ですべきことは以下の通りです!

① 当日まで使ったものの梱包
当日までに使った洗面用具やパジャマ、
寝具や照明器具などの梱包をします。
また、ギリギリまで使用することになる掃除用具や
トイレットペーパーなどをしまう段ボールも余分に準備しておきます。
これらは新居に移ってからもすぐ使うことになるものなので
目立つようにしておきます。

② 引っ越し業者との打ち合せと指示
引っ越し業者が到着したら作業の流れを確認し、
壊れやすい物など運ぶのに気をつけてほしいものを
確実に伝えておきましょう。

③ 部屋の掃除
実家からの転居などの場合は必要ない場合もあると思いますが、
アパートなどからの転居の場合は、
荷物が運びだされた後の部屋の掃除をします。
当日までにあらかた掃除は済ませておいて、
当日は家具の裏などのホコリや、
荷物の運び出しの時にでたゴミなどをきれいに掃除します。

④ 忘れ物の最終チェック
積み忘れなどの荷物がないか隅々まで確認します。
特にクローゼットや押し入れ、ベランダなどをチェック!
植木鉢や自転車など外に置いてあるものは
忘れやすいので注意しましょう(*’▽’)

⑤ ガスの閉栓、ブレーカーを落とす
ガスの閉栓は立ち合いが必要なので
事前にガス会社に連絡を入れ、当日来てもらうようにします。
そこで残りのガス料金を精算する場合もあるので
お金を準備しておきます。
電気と水道は事前に退去日を連絡しておけば
立ち会う必要はありません。
ブレーカーを落とすことだけは忘れずに!

#いざ引っ越し!当日新居に移った後のやることもサポート♪

旧居での作業が終わったらいよいよ新居へ移ります(^▽^)
新居への荷物の搬入が滞りなく進むように段取りを組みましょう!

新居でやるべきことはこちらです(^^

① 部屋の掃除
荷物を運びこんでからだと掃除ができなくなるので、
掃除機をかけたり雑巾がけをするなどしてから
荷物を搬入できるようにします。

② 荷物搬入の指示
どこに何を置くのか、引っ越し業者の人に指示を出します。
特に大きな家具や家電はあとから自分で動かすのは困難なので
明確に指示を出しましょう。
それ以外の荷物もきちんと指示を出しておくことで
荷解きがスムーズになります(*^-^*)

③ 荷物搬入の最終確認と料金の精算
荷物がすべて運び込まれたか、
キズや破損などがないかを確認の上、
引っ越し料金の精算をします。
現在はカード払いなどにも対応しているので
事前に支払い方法について確認しておきましょう( ^ω^ )

④ 電気、ガス、水道の開栓
引っ越し当日からすべてのライフラインが使えるように
事前に手続きを済ませておきます。
ガスは閉栓のときと同様立ち合いが必要なので、
事前に時間等予約しておきます。
電気、水道は通常であればそのまま使えます(^^

⑤ 当日使うものから荷解き開始
当日すべての荷物を解こうとすると結構大変なことになります(^^;)
すぐ使うもの、必要なものから徐々に解いていくようにしましょう。

#まとめ

引っ越し作業をスムーズに進めるためには
当日の流れを把握しておくことが大切!
事前に連絡しておかなければならないところには
引っ越し日程が分かり次第
早めに連絡することをオススメします( ˘ω˘ )

引っ越し先での挨拶は、
ご家族での引っ越しならするべきかと思いますが、
一人暮らしなどの場合はお互いに近所付き合いを避ける傾向にあるので
無理にする必要はないようです。

荷解きを終えたらやっと引っ越し作業も終了です!
お疲れ様でした~(#^.^#)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする