短期間で出来る!ウォーキングのみでダイエット!その効果とは!?

Sponsered Link



正しい方法でウォーキングを行えば、みるみる効果を実感!

ただ、歩くだけより、意識して歩くことで、効果的な有酸素運動ができます。

筆者もウォーキングだけを1か月続けて、5キロ痩せることができました!

今回は筆者の体験と、最も効果があった方法をご紹介します。

ウォーキングで効率的にダイエット!その効果を公開!

まず大切なのが、より効率よく酸素を体内に取り入れ、脂肪を燃焼させるためには、「歩き方」が重要です。

正しいウォーキングの手順は
 1・背筋を伸ばし、胸を少し張って、
  視線は前方を見ます。猫背で下を向いて歩いては
  せっかくのウォーキングの効果が期待できません。

 2・着地はかかとから行い、踏み出す際は
  親指に力をこめて地面をけり出します

 3・最後は歩くスピードです。
  景色を見ながらゆっくり歩くのでは
  ただの散歩になってしまいます。

  ウォーキングの適正スピードは「早歩き」です。

ウォーキングダイエットで脂肪燃焼が効果を出すのは、歩き始めてから20分後と言われています。

このため、歩く時間は20分以上というのが目安になります。

最初から、とばして40分も50分も歩くと、疲れてしまいますので、最初は20分から徐々に距離を伸ばしていく方が、効果も期待できます。

気になる消費カロリーですが、50キロの女性が早歩きでウォーキングした場合

・30分間のウォーキングで、130キロカロリー
・1時間のウォーキングで、260キロカロリー

たいしてカロリーを消費できませんが、継続」することで結果がついてくるダイエット法です。

ウォーキングの最適な時間帯は、生活環境で人それぞれ違うので、自分にとって都合よいの時間帯に行った方が良いです。

筆者が一番体重の減少効果があったのは「朝」の朝食をとる前に歩く。

体に無理がかからずカロリー消費できるのが、空腹ウォーキングです。

空腹ウォーキングを行うことで、肥っている人は食事の量が安定し、体重が減少します。

それと血圧の高い人や、低い人も、適正値にすることが期待できます。

食事をしてから時間がたつと血糖値(血液中の糖分)が下がり、それを脳が感知して空腹感を感じます。

運動によって、もっと血糖を消費しようとすると、予備のエネルギーである体脂肪を利用して血糖を補おうとします。

つまり空腹時に運動をすると、直接体脂肪を燃焼させる効果が高くなるのです。

Sponsered Link

厚生労働省の発表では、一日一万歩・100分が理想といわれています。

ですが、90分も歩かなくては1万歩には届きません。

朝はそんなにも時間をかけられないので、筆者は、カロリーも気にするようにしました。

日本人が一日に食事等で摂取するカロリーは、平均2200キロカロリーです。

そして、生命を維持するのに最低限必要なカロリー(基礎代謝)は個人差がありますが、1200~1300キロカロリーです。

それと、通常の生活のなかで動いたりすることで消費するカロリーは、700~800ぐらいなので、一日の消費カロリーの合計は、1900~2100キロカロリーとなります。

そうすると、一日当たり100~300キロカロリーオーバーしていることになります。

100キロカロリーを消費する為には、30分・3000歩の歩行が必要となります。

よって、300カロリーオーバーしていれば、その分歩かなければならない。

つまり90分・9000歩が必要になるわけです。

大変ですが、目標を90分・9000歩や、100分・1万歩に設定すれば歩き方ひとつで、もっとカロリーを消費することが出来ます。

90分も歩けない筆者は、一日の食事等の摂取カロリーを減らして、運動で消費されるカロリーを少し多くすれば、より効果がでるのでは?という単純な思いつきで、自分の体を使って実験してみました。

らくらくウォーキング! ダイエットの効果あり!

筆者は「朝」空腹の状態で、往復1時間のウォーキングを週に4回行いました。

最初の3日目で約1キロ減量できましたが、食事内容はヨーグルトだけしか食べないなど無理がありました。

そこで、塩分も程よく取れて、おなか一杯になる具沢山味噌汁を飲むようにして、身体の代謝もあげるために努力しました。

ウォーキングをすると体の全部の機能が活発になり、細胞の代謝を大いに高めてくれます

新陳代謝が良くなると汗をかきやすくなり、脂肪が燃焼されやすくなるのです。

「食べてないのに体重が落ちない」や、「ウォーキングしても効果ない」と感じる人は、新陳代謝が低下している可能性があるかもしれません。

汗をかきにくい傾向にある人や、ダイエットを意識しすぎて偏った食事にすることは、代謝を低下させる原因につながってしまうので、もったいないですね。

代謝を上げるには、食事に味噌などの発酵食品や黒酢、ピーマンやほうれん草を積極的に摂取してみてはいかがでしょうか?

なぜなら、これらの食品に含まれるアミノ酸が、脂肪を効率よく燃焼させてくれる働きがあります。

通常のアミノ酸はたんぱく質ですが、これらの食品に含まれるアミノ酸は、エネルギーの生産力が高まる効果を持つアミノ酸です。

簡単に新陳代謝を上げることが期待できます。

まとめ

短期間のウォーキングだけでは体重は落とせません。

筆者は実際に行ってみた結果、意識した食事内容も大切だと気が付きました。

筆者は一か月5キロの減量に成功しましたが、いまだにリバウンドはしていません。

代謝が関係しているのかなと思っております。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする