自分の顔を採点出来る顔面偏差値テスト!?採点の基準とは

Sponsered Link



ほとんどの人が鏡を見て
自分の顔がかわいいか、かっこいいか自己判断をしたことがあると思います。

シンデレラのように鏡に問いかけるだけで
自分が綺麗かどうかわかればいいですけどね。

ですが、自己判断では自分に有利な方に判断しがちで
必ずしも正しい判断であるとは限りません。

ですから、客観的に判断するために
今回は顔面偏差値テストを行ってみましょう!!

偏差値という言葉は受験などでよく使われるので知っているとは思いますが
どんなものかを詳しく知っている人は実際あまりいないと思います。

偏差値の標準の値は50です。要するに平均値です。

50よりも高い数値だと上位にいることを意味し、
50よりも低い数値だと平均よりも下位にいることを意味します。

ですが、偏差値はあくまでも目安で
母集団の数によって大きく変わるので
あまり信じすぎないようにしましょう。

顔面偏差値を自分で評価できる!

Sponsered Link

では自分自身を客観的に評価していきましょう。

目 → ぱっちり、二重まぶた、まつ毛が長い
眉毛→形が整っている、目を引き立たせている
鼻→鼻筋が通っている、高い
口→大きすぎず小さすぎない、唇が薄い
顎→スッとしている
髪→顔にあった髪型になっている

これが基準一覧です。

実際かわいいやかっこいいをパーツパーツで判断するのは難しいと思います。

なぜなら、人はパーツで相手を判断するのではなく
全体を見て判断するからです。

たらこ唇でもアンジェリーナジョリーのように
長所として活かせる美人な方もいるので
顔全体的に整っていればOKだと思います。

自分の顔面の偏差値をテストできる!

とはいってもやっぱり自分の顔面偏差値は気になりますよね。

そんな方はこちらのサイトを使って自分の顔面評価をしてみてください。

https://deeplooks.com/

ですが、サイトにも書いてあるように
国や文化によってかわいい、かっこいいという基準は様々で
絶対というものは存在しません。

なので、あくまで楽しむ程度で過度にスコアを気にしすぎないようにしてください。

まとめ

自分自身の顔面偏差値をあまり気にしすぎずにしましょう。

たとえ、機械でいい評価が得られなくても
実生活でモテるならそれでいいのではないでしょうか。

また、人というものは外見だけでなく
内面を知ることで人を好きになる生き物なので
外見だけにとらわれず、トーク力や親切さなど内面力も鍛えて
総合的にかわいい、かっこいいといった人物を目指すようにしましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする