どれだけ気を遣う?既婚上司にバレンタインを贈る時のベストな方法

Sponsered Link



働いていると勤め先の男性たちに贈るバレンタインについて

頭を悩ますことになります・・・

正直面倒臭いですよね~(笑)

最初からバレンタインをNOとしている職場ならいいのですが、

そうでない場合は、女性社員で共同で渡すのか、

個人で準備するのか・・・

個人の場合、他の女性社員の方との兼ね合いも考えて

値段にも配慮しなければならず、

男性陣に対しても安すぎるとケチっていると思われるし、

あまり高いとお返しを悩ませることにもなるし・・・

色々気を回さなければならないことが多すぎて

イヤになってきてしまいますね(~_~;)

そんなバレンタインですが、日頃、お世話になっている

上司に贈ろうと考えることもありますよね。

そのとき相手が既婚者の場合は・・・

またちょっと気を付けなければなりません(^^;)

そこで既婚上司にバレンタインを贈る場合の注意点について

詳しく調べてみました☆

既婚者にバレンタインを贈るのってアリ!?

Sponsered Link

そもそも既婚者にバレンタインを贈ること自体

アリなのでしょうか?

奥さんの立場としては「義理ならいい」

という意見が大半ですね。

結局旦那がもらってきたチョコは

奥さんが食べることになるケースが多いことも

理由のひとつみたいです(笑)

中には「旦那が職場でよく思わるのは

妻としてもうれしい」という

貫禄のある意見もありました!

もらう男性側としても、もらえること自体は

うれしいと思っている人が多く、

もらって困るという人は奥さんが異常に嫉妬深い人か、

チョコが好きではない人くらいではないでしょうか( ^ω^ )

ただ、あまりにも高価なチョコや、

明らかに義理ではないとみられるチョコは

もらうと困惑するという意見が多かったですね。

これはもらう側の男性からしてもそうですし、

そのチョコを目にした奥さんも

「え!?」となるみたいです(;・∀・)

既婚者にバレンタインを贈る時に気を付けたいこと

既婚者にバレンタインを贈る時に気を付けるべきことは

ズバリ「義理とわかるようにすること」です!

先ほども述べた通り、義理ならOKという意見が

既婚男性とその奥さん共通の意見なので、

本命へ贈るような高価なチョコではなく、

義理とわかるような手ごろなものを

選ぶようにしましょう。

手作りはもってのほかです!

何人かに贈る場合は、全員同じものを平等に贈るようにして、

特定の人だけ別のものを渡すなどの

変な誤解を生むような渡し方はやめましょう。

渡す時も「いつもお世話になっています」や

「日頃のお礼です」のような言葉を添えて

あくまで義理だということをさりげなく強調しましょう。

贈る相手がひとりしかいない場合でも

「ご家族で召し上がってください!」

などという言葉を添えれば

他意がないことを察して頂けるでしょう。

とにかく曖昧な渡し方をして

相手に変な期待を持たせることは罪作りです。

あなたにとっても上司の方にとってもその家族にとっても

変な災いの元とならないように配慮して贈りましょう。

まとめ

既婚上司に贈るバレンタインは、

「贈る分には構わないが、義理とはっきりわかるように

チョコ選びや渡し方に注意する」ということです!

もらう側もすんなりもらえてその家族(奥さん)も喜ぶ

円満な贈り方ができるとベストですね( ^ω^ )

今回調べてみて「既婚上司に好意があって

気持ちを伝えるつもりはないけど、

どうしてもバレンタインを贈りたい!」

という意見も多数、目にしました。

・・・これは危険ですね(笑)

気持ちは伝えるつもりがなくても、

バレンタインに贈ろうと思っている時点で

他意があることは否定できませんし、

本人に意識がなくても心のどこかで

見返りを期待している場合もありますからね・・・(~_~;)

男性の側も部下に好意的に見られて

うれしくない人などいませんし、

ましてや男は勘違いしやすい生き物です。

危ない橋を渡ることになる前に

自分のためにも相手の方のためにも

渡すのは控えるべきでしょうね。

・・・そんなわけで

平和なバレンタインを迎えられるよう祈っております☆

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする