100均で手に入る盛り付け皿でもちらし寿司を綺麗に見せれる!?

Sponsered Link



どうせ作るなら、インスタ映えするちらし寿司を作りたいですよね。

だけど、盛り付け皿は安くて可愛い方がいい!!

そんな方のために、ここではインスタ映えするちらし寿司の作り方と、

100均で手に入る盛り付け皿についてご紹介します。

インスタ映えするちらし寿司の作り方とは

Sponsered Link

インスタ映えする、可愛いちらし寿司があります。

『水玉ちらし寿司』です。

酢飯の上に具材をトッピングするちらし寿司で、

好みで具材を変えたりできるなど、アレンジが可能です。

《水玉ちらし寿司の作り方》

材料

○寿司飯

○薄焼き卵

○ハム

○かまぼこ

○紫大根の甘酢漬け

○レンコンの甘酢漬け

○キュウリの浅漬け

○ミニトマト

○いくら

作り方

1.ハム・かまぼこ・紫大根の甘酢漬けを丸くくり抜く

2.レンコンの甘酢漬けは薄い半月切りにし、キュウリの浅漬けとミニトマトは、輪切りにする。

3.お弁当箱(または、好きな盛り付け皿など)に、寿司飯を敷きつめ薄焼き卵をのせる。

4.最後に具材をランダムに敷きつめて完成です。

《具材でアレンジ!水玉ちらし寿司》

ビビットカラーにしたい場合

赤色ミニトマトやキュウリ・黄色ミニトマトなどを入れると、

ビビットカラーの彩りになります。

パステルカラーにしたい場合

キュウリ・ラディッシュ・大根・ハム・たくあんなどに変更すると、

淡いピンクや白などでパステルカラーになります。

キャンディのようにしたい場合

キュウリ・塩レモン漬け・白大根のお漬物・赤大根の甘酢漬け、

たくあん・ハム・チーズ・ミニトマトをのせると、

フルーツキャンディのように可愛らしく仕上がります。

丸くくり抜いた水玉ではなく、具材を花型でくり抜いても、

春らしく素敵なちらし寿司になります。

丸くくり抜くだけで、可愛いちらし寿司ができるんですね。

材料を変えて色味を変えられるのも素敵です。

ちらし寿司を食べるシーンごとに

色を変えて作ってみると良いですね。

100均で手に入るおすすめ盛り付け皿5

シンプルなグラス

お皿ではありませんが、クリアなグラスやカップに詰めると、

どの角度から見ても中が綺麗に見えます。

和風テイストの皿

やはり和食器は外せません。

100均にはいろいろな和食器があるので、

一度チェックしてみるのも良いです。

立涌文の角皿

日本の伝統的な柄の立涌文の角皿は、

和柄なのに北欧っぽくもありオシャレです。

ワイングラス

こちらも、お皿ではなくグラスですが、

少し大人な雰囲気を出したい時には

シンプルなグラスではなく、

ワイングラスにいれてみても良いですね。

⑤allure(アリュール)の食器

ダイソーで新しいキッチンブランドが誕生しました。

ボタニカルやガーデン・スウィーツなどが

モチーフになっていて、とても華やかです。

水玉ちらし寿司を入れると、

とても彩り鮮やかで元気な雰囲気になります。

今の100均にはいろいろなお皿がたくさんあります。

これを使ってはダメということはありませんので、

自身の好みのお皿を見つけてみるのも楽しいですね。

ちらし寿司にはシンプルなものから、

柄物まで合いそうですから、幅広く選べます。

まとめ

いかがでしたか?

とても簡単でも、インスタ映えする水玉ちらし寿司に

ぜひチャレンジしてみて下さい。

季節によっては、花型でも素敵です。

お皿は100均で可愛いものが揃います。

ぜひ、自身の好みのお皿を発見して、

素敵にインスタにのせてみて下さい。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする