買うなんてもったいない!?余った布地での雑巾の作り方

Sponsered Link



新学期になると、
雑巾をもって行かないといけない学校は多いのではないでしょうか。
毎回に準備するの大変ですよね・・・。忘れやすいし・・・。

最近は100均にも売っていて簡単に手に入りますが、
雑巾って作ることもできるのに買うのはもったいないですよね。
あなたは雑巾買いますか?作りますか?

最近は手間がかかるから買う人が多いかもしれませんが、
せっかく作れるのだから作ってみませんか?

家に古くなったタオルがあれば、作れますよ。
バスタオルなら4枚以上作れるかもしれません。

雑巾は手作りできる

Sponsered Link

雑巾って言っても、汚れてボロボロになったタオルを
そのまま持たせるのも恰好悪いし、
だからってミシンを出してきてわざわざ縫うのも大変。
まして手縫いなんて大変そうって思われていませんか?

それが、意外と簡単にできるのです。

小学生の低学年のお子さんだと、
しぼりやすいように薄いタオルで小ぶりな物を作ります。
使い古しのタオルで充分ですよ。

*フェイスタオル1枚で2枚雑巾を作ります。
タオルの両端を切り落とします
ここがあると硬いし、縫いにくいです。洗った後も乾きにくいです。

タオルを半分に折り、切ります
「中表」にして半分に折り切り口を縫います。
(中表とは、表を内側にしております)
この時糸は1本取りでいいです。

表に返して、回りをぐるっと縫います
ここでは糸を2本取りにします。

雑巾の中を縫います
×マークになるように塗っていきます。
×マークじゃなくても□にしてもいいですし、
中の雑巾がずれないようになればいいです。

アレンジ次第で雑巾もおしゃれに

雑巾は白のタオルで作ってるイメージですが、
アレンジしたら可愛くなって、学校でも見分けがつきやすいですよ。
例えば、糸を赤や青などに変えて、
ハートに縫ってみたり、リボンにしてみたり
引っ掛けを付けたい場合は、
表に返して回りを縫う時に輪っかにした紐をはさんで一緒に縫うといいです。

パッチワークのように、色んな柄を合わせて、模様を作ってもかわいいですね。

まとめ

新学期が始まるたびに学校に持っていかなければならない雑巾
最近は100均で手軽に買えるので用意しやすいですが、
忘れてて「明日!!」ってなった時は自分で縫うしかないですね

もちろんミシンでダーっと縫えたらいいのですが、
ミシンも出すのが面倒なら手縫いで縫ってしまいましょう!

時間があるなら、アレンジを加えて、かわいく仕上げるのもいいですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする