チョコレートを食べると咳が出る!?恐ろしいアレルギーの可能性も

Sponsered Link



チョコレートを食べると咳が出る。。

なんて本当???

逆に咳を抑えるのに有効なチョコレート。。

というイメージでしたが

人によってまちまち。。なのでしょうか?

この咳の正体が一体何なのか見ていきましょう。

チョコレートを食べると咳が出る理由は?

Sponsered Link

恐らくそれは、チョコレートアレルギーという

食物アレルギーの可能性が高いです。

チョコレートアレルギーの原因となる成分というのが、

カカオ豆に含まれている

  • ニッケル
  • チラミン

この二つが

引き起こしているらしいです。

肌に触れることで金属アレルギーを引き起こすとされているニッケルは、

本来用途として装飾用のめっきに使われます。

因みに日本の硬貨である

50円や100円硬貨は銅とニッケルの合金です。

ニッケル製のアクセサリーなどを身につけると

痒みやかぶれが出る、いわゆる金属アレルギーの方

チョコレートを食べることで、その症状を悪化させる可能性があるそうです。

特にカカオ分70%以上などの高カカオのチョコレートは、普通のチョコレートより

約2倍ほどのニッケルが含まれていることもあるようなので

このようなチョコレートを大量に摂取するのは避けた方が良さそうですね。

チラミンは摂取することで血管の収縮が起こり、

その効果が切れると拡張する作用があり、

これが頭痛などを引き起こしたり、鼻の粘膜が腫れたりするそうです。

チョコレートを食べて鼻血が出るのが

このチラミンの仕業のようです。

このカカオに含まれている成分により

アレルギーを引き起こし、

咳が出たり痒みや湿疹、頭痛などが

症状として表れるわけですね。

また、このアレルギーは今まで全くそんなことがなかった人にも

急に症状が表れることもあり、アナフィラキシー(急性的な全身性かつ、重度のアレルギー反応)

で最悪死に至るケースもあるといいます。

こうなったらチョコレート好きの私にとっては

脅威以外の何者でもありません。。

チョコレートを食べると咳が出る人はどうしたらいい?!

咳が出たらひとまず

チョコレートを食べるのをやめましょう

やめた途端に咳がぱったり止まった、

なんて話もあるそうです。

そもそもチョコレートアレルギーになりやすい人、

というのがこちら。

  • 大量のチョコレートを一度に食べてしまう人
  • 元々、金属アレルギーをお持ちの方

上記に当てはまる方は、

症状が出る前に少量づつを食べて

様子をみるのがいいかもしれません。

あとは症状によって、咳なら耳鼻咽喉科

発疹や赤みが出たら皮膚科

腹痛なら内科…

と、一度病院で見てもらった方が良いでしょう。

一度パッチテストを受けてみて、

念のため細かいところまで調べてみるのも

いいかと思います。

大昔、パッチテストと呼ばれるものを

私もやったことがあります。

私の場合、アレルギー性の鼻炎だったので

その原因を追求したわけですが

腕にほんのかすかに傷を入れて

そこにアレルギー源を垂らし、反応を待つ

というものでした。

その際にアレルギー反応した箇所は、

蚊に刺されのような赤みが広がるのですが

私はよくあるハウスダストでした。。

未だにホコリが苦手です。。

そして猫もアレルギーです。。

猫を飼っている友人宅に宿泊するつもりが

呼吸困難になって夜中に帰ったこともあります。。

自分が何のアレルギーなのか明確にしておく

鼻がぐずぐずして鼻水が止まらなくても焦らず、

「はいはい、いつものあれね」

と気持ちも楽になります。

当然、通院しなければ

鼻は楽にはなりませんが。。。泣

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする